12月19日、東京・パルコブックセンターにて、新木優子さんによる初のフォトブック『新木優子photo book first.』のサイン本お渡し会が行われ、囲み取材が行われました。


『新木優子photo book first.』は、雑誌『non-no』専属モデルとして活動し、 ゼクシィ8代目CMガールに抜擢され注目を集めている新木さんの“今”がぎゅっと凝縮された1冊です。

出来栄えに関して、新木さんは「そりゃもう120点満点くらいで、私のやりたいことすべて形にしてもらいました。お母さんが昨日(発売日)本屋さんに行って買ってきたみたいで、すごい私の前で感想をたくさん言ってくれました(笑)」と、満面の笑み。


特にお気に入りのページを聞くと、「“カラー”というページです。今までモデルをやっていて、挑戦したことのないテイストに挑戦しました。普段はナチュラルな色を身に着けることが多いんですけど、“カラー”ではビビッドカラーとか、強めのカラーでスカートもミニ丈だったり、いろいろなものに挑戦しました」と、ページを開いて教えてくれました。


本には、私服スタイリング、 ビューティ事情などのほか、プライベートで仲良しの友だちとのガールズトークなど、普段見られない新木さんの姿も見ることができます。


ストレス発散法も友だちといること、と語る新木さん。

「友だちと過ごすことがすごい好きで、一人でいるより誰かといたいタイプなんです。友達とか好きな人とお茶したりとか、お泊まりして皆で同じ映画を観ていろいろ話したりとか。誰かと一緒に過ごす時間がストレス発散になっています。最近気付いたんですけど、誰もいない空間にぽつんといるのが苦手みたいです。たぶん人類で一人になったらさみしくて、生きていけないと思います(笑)」と、かわいらしく寂しがり屋な一面ものぞかせました。


2015年、モデル業に女優業に大活躍でしたが、2016年かなえたいことは、何かあるのでしょうか?

「撮影で海外に行きたいです。一度だけお仕事でスペインに行ってとても素敵な街並みだったので、ぜひスペインで撮影したいです。プライベートではなかなか海外に行く機会がなくて、仕事でしか行ったことがないんですけど、ハワイとか暖かいところに行ってみたいです」と、ワクワクした表情で語りました。

2016年のさらなる飛躍が期待できそうですね!

【関連記事】

※ しょこたん、クリスマスは「ぼっちじゃない!珍しく予定がある」の発言にファン歓喜

※ J.J.エイブラムス監督、「若者たちが成長していく物語を観ることは、エキサイティング!」

※ 【Nosh独占インタビュー】島袋寛子が様々な想いを綴った手紙を自身の歌にのせて

※ ベッキー、クリスマスの予定は「女子四人で…」と肩を落とすも抜け駆け狙う

※ 仲良し菊地亜美がマギーのキス顔を激写!楽しくラテアート体験