各ポート15.4WのPoE給電が可能なレイヤ2 PoE給電スイッチングハブ。従来モデルと比較してポート側の雷サージ耐性を強化したリニューアルモデルとなっている(画像はプレスリリースより)

写真拡大

 パナソニックESネットワークスは18日、PoE対応スイッチングハブ新製品3機種を2016年1月8日から順次発売することを発表した。

 24/16/12ポートの3製品で、落雷対策を強化しており、屋外用ネットワークカメラや無線アクセスポイントなどの設置に適している。電源コード側の配線誘導雷サージだけでなく、10/100BASE-TXのUTPポート側からの配線誘導雷サージ耐性を強化し、サージ防護デバイスを各ポートに搭載している。

 また、未使用ポートの電力を抑制する機能や、タイマー設定で自動で電源のON/OFFができるPoEスケジューラ機能など、省エネ機能を備えている。価格は24ポートの「Switch-M24PWR」が198,000円、16ポートの「Switch-M16PWR」が175,000円、12ポートの「Switch-M12PWR」が163,000円となる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI