三菱地所ホームは、2016年1月16日より、同社が出展する住宅展示場のすべてのモデルハウス(18カ所)に、高画質バーチャルリアリティー(VR)技術を活用した「没入体験型」営業ツールを導入すると発表した。

すべてのモデルハウスにヘッドマウントディスプレイとタブレット端末を整備し、来場した顧客に、自身の動きに連動し周囲全方向の画像を見ることができるVR環境で、室内空間もリアルに体感してもらう。

これにより、住宅展示場の複数のモデルハウスに来場する時間的負荷軽減だけでなく、自宅の設計段階においては、ホームギャラリーのVR画像を参考として、スケール感やインテリアテイストのイメージを実感することが可能になるという。

同社では今後、自宅の設計段階(注文住宅・リフォーム)において、そのプランをVR画像化させ、図面やCGパースでは表現が難しい空間構成やインテリアテイストをリアルに体感できる営業ツールの整備を検討していくという。