飯城園が作る宇都宮餃子を高速道路のサービスエリアで購入できる。価格は1512円

写真拡大

栃木県宇都宮市に位置する東北自動車道・上河内サービスエリア(SA)上り線のショッピングコーナーでは、宇都宮の象徴とも言えるの餃子を多数販売している。その中で紹介したいのは「飯城園の宇都宮餃子」(1512円)だ。

【写真を見る】ショッピングコーナーでは、豊富な種類の宇都宮餃子をはじめ、地元のさまざまなお土産を楽しめる

商品名にある飯城園とは、宇都宮にある餃子一筋35年の人気店。こだわりの餃子は、独自製法で作られたという少し厚めの皮が特徴で、生地のモチモチと焼き目のパリパリとした食感を同時に楽しめる。中に入っているあんは、宇都宮の餃子らしく野菜がたっぷり。そのため、ジューシーかつさっぱりとした味わいとなっていて、女性を中心に幅広い層から人気を得ている。使用している食材はすべて国産という安心感も好評だ。

ショッピングコーナーは24時間営業なので、いつ訪れても購入可能。1箱24個入りの大容量は、家族の食卓にぴったりだ。ドライブの途中に上河内SAに立ち寄ったら、餃子の街・宇都宮の名物グルメをぜひ選んでみて。【東京ウォーカー】