180gというその大きさが最大の特徴である「大きな豚まん」(400円)

写真拡大

東北自動車道・上河内サービスエリア(SA)上り線にある、ログハウスのような作りが目印の特設コーナーは、餃子フランクや牛串などの温かメニューが豊富。今回紹介するのは、その特設コーナーで冬季限定販売されている「大きな豚まん」(400円)だ。

「大きな豚まん」は建物の外の特設コーナーで販売されている

商品名のとおり、目を引く大きさが特徴。コンビニや冷凍食品などでよく目にする中華まんがだいたい100g前後なのに対して、この商品は約2倍の180gと驚きの大きさとなっている。

材料はネギ、豚肉、豚脂、とり肉、タケノコなどなど。食感はふっくらもちもちで、あっさりした味付けのため、ボリュームがあるのにペロリと食べられる。そして満足度は折り紙付きだ。

冬の寒い季節は、ドライブがてらなどに、ビッグ豚まんを食べて温まろう。【東京ウォーカー】