笑って踊って歌って泣いて…子供から大人まで楽しめる

写真拡大

「映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」が、2015年12月23日に全国の映画館で公開される。

花輪くんのお願いで、まる子と仲間たちそれぞれの家に世界5か国からやって来た外国の子供たちがホームステイすることになった。まる子の家にはイタリア人のアンドレアが来ることに。学校での授業や、週末には清水の町を飛び出し、みんなで大阪や京都へ出掛けるなど楽しい日々を過ごす。はじめは積極的なアンドレアに戸惑い気味だったまる子は、日本に来た理由を聞き、アンドレアの気持ちを知る。そんな楽しい日々にもやがて別れの時が―。

テレビシリーズ放送開始25周年を記念し、23年ぶりに劇場版を制作。脚本を原作者・さくらももこ氏自らが担当する。

テレビシリーズのレギュラー声優陣に加え、アンドレアを中川大志、インド人のシンを劇団ひとり、ハワイ人のネプをパパイヤ鈴木、ブラジル人のジュリアを渡辺直美、香港のシンニーをローラら豪華ゲストが演じる。オープニング曲「おどるポンポコリン」&挿入歌を大原櫻子、エンディング曲をウルフルズが担当。