リーグ3戦未勝利のリバプール、負傷者リストにシュクルテルとミニョレが加わる

写真拡大

▽リバプールは20日、ヴィカレージ・ロードで行われたプレミアリーグ第17節でワトフォードと対戦し、0-3で敗戦した。この敗戦でリーグ戦3試合未勝利となったリバプールだが、新たに2人の負傷者を出してしまった。

▽リバプールは、リーグ3戦ぶりの白星を目指して3連勝中のワトフォードとのアウェイゲームに臨んだ。だが、試合開始3分に加入後リーグ初先発となったGKアダム・ボグダンのミスから先制点を奪われると、その後FWオディオン・イグハロに2ゴールを献上し、0-3の敗戦を喫した。

▽さらに、この試合では前半終盤に足を痛めたDFマルティン・シュクルテルがプレー続行不可能となり、FWディヴォック・オリジとの交代でピッチを後にしていた。

▽ユルゲン・クロップ監督は、ワトフォード戦後にシュクルテルの状態に関して以下のように語っている。イギリス『Sports Mole』が伝えている。

「マルティン・シュクルテルは負傷した。それは私にとって大きな問題だ。現時点で誰が戦列に戻ってこれるか、わからないからだ。ボクシング・デイ(26日)の試合に誰が起用可能か、見極める必要がある」

▽現在、リバプールの守備陣では、長期離脱中のDFジョー・ゴメスに加え、先日のWBA戦で負傷したDFデヤン・ロブレンが戦列を離れている。加えて、シュクルテルの離脱によって、現時点でプレー可能なトップチームのセンターバックは、DFママドゥ・サコーとDFコロ・トゥーレの2人だけとなっている。

▽また、ワトフォード戦に向けてはハムストリングを痛めたGKシモン・ミニョレが欠場しており、GKの選手層にも不安を抱えている。

▽なお、守備陣に負傷者続出のリバプールは、26日に行われる次節でリーグ最多得点を誇る首位のレスター・シティとのホームゲームに臨む。