カカオの魅力を堪能。「ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー」が丸の内に誕生

写真拡大 (全4枚)

チョコレートの原料となるカカオは、世界各地に生息しているけれど、味や風味の違いはわかっている? そんなカカオの世界を紐解いてくれる人気チョコレートブランドのコンセプトバーが、丸の内にニューオープン。

それが、2015年12月12日(土)に、丸の内3丁目にオープンした「イセタンサローネ メンズ」内に同日に誕生した「JEAN-PAUL HEVIN CHOCOLATE BAR(RE) MARUNOUCHI(ジャン=ポール・エヴァン チョコレート バー 丸の内店)」。こちらは、昨年にフランスの北マレ地区に生まれた「CHOCOLATE BAR(RE)」と同タイプの新業態で、日本では第1号店となるそう。

同店では、"Le chocolat fait le bonheur(ショコラを通じて幸せを届ける)"をコンセプトに、季節に合わせて3カ月ごとにグラン クリュ カカオ(最高級産地のカカオ)の産地を提案し、ショコラショやタブレットで展開していくとか。

その目玉となるメニュー「オー ドゥ ショコラ グラン クリュ」(584円)は、水を使うことでカカオ本来のほろ苦さと香りを引き出したヘルシーなドリンク。従来のミルクを使った「ショコラ ショ」よりもすっきりとした後味で、コーヒーのように楽しめる。ほかにトラデッィショナルな風味の「パリジャン」(584円)がラインナップ。
世界のさまざまな産地のカカオを使ったアイテムが並ぶのも、同店の特徴。例えば、カカオフレーバーだけを揃えた同限定のマカロン6種類(各292円)には、シャープな味わいのペルー産カカオを使った「リオ」や、華やかな香りが特徴のブラジル産カカオのガナッシュをサンドした「カリオカ」、アフリカのサントメ島産カカオの苦みを活かした「サオトメ」などが並ぶ。いくつか食べ比べたら、初心者でもカカオの違いが感じられるはず。


また、スマートなルックスのケーキも、6種類のうち5種類がここだけでしか食べることができない味とか。マダガスカル産のカカオとバニラを使い、フランボワーズのジュレをアクセントに加えた「アレクサンドラ」(584円・写真右端)や、ベネズエラ産カカオに、フランス産のチーズと山のはちみつを組み合わせた「アキテーヌ」(640円・写真左から2番目)など、カカオの魅力を引き立てるマリアージュを体験できるのがおもしろい。


このほか、ロックフォールチーズのソースを合わせた「ショコラ ショ オ ロックフォール)」(692円)や甘酸っぱい「ショコラ ショ ア ラ フランボワーズ)」(692円)など、ここでしか飲めないチョコレートドリンクもあるとか。

仕事帰りのひと息や、彼の買い物を待っている間など、短い時間でもカカオの奥深い世界への旅を楽しんで。