Doctors Me(ドクターズミー)- 日光を浴びると皮膚がかぶれる…!? 「紫外線アレルギー」って何?

写真拡大

花粉症や鼻炎、卵アレルギーなど、アレルギーにはさまざまな種類がありますよね。そんななか“紫外線アレルギー”というものが存在することをご存知ですか? 花粉症と同じように突然発症することが多く、また治癒しづらい厄介なアレルギーです。

今回はこの紫外線アレルギーについて、医師に聞いてみました。

紫外線アレルギーの主な症状

紫外線アレルギーの場合、症状は湿疹や腫れ、赤み、そして痒みです。さらに蕁麻疹(じんましん)や水ぶくれができることもあります。紫外線を浴びた瞬間に、顔や腕、足、目などにこのような症状が起こります。

原因は大きく2つに分類

紫外線アレルギーを引き起こす主な原因は、「内因性」と「外因性」の2つに分けられます。

【内因性】
一定量以上に紫外線を浴びた結果、アレルギーを引き起こすものをいいます。この一定量には個人差があり、年齢も関係なく発症します。また、もともとの体質や代謝異常も関係するほか、ビタミン不足やミネラル不足も原因として考えられます。

【外因性】
紫外線を予防するために塗っていた日焼け止めや服用した薬、湿布などが原因で起こるものをいいます。またキウイや柑橘類、紫シソのほか、C型肝炎やアルコール性肝障害などの病気も原因になることがあります。

どうやって治療するの?

症状が自然と軽快することもありますが、放置しておくとさらに悪化し、頭痛や嘔吐といった重大な症状が出てくることもあるため、必ず病院を受診しましょう。市販の薬を服用するのもお勧めできません。すぐに行けない場合には、まず日焼けした部分や、症状が出てきた部分を冷やしましょう。

また、医師との相談が必要ですが、保湿することもよいといわれています。皮膚が再生するには保湿環境が欠かせません。紫外線による炎症反応で乾燥した皮膚には、保湿すると痛みも軽減します。しかし敏感になっているので、普段使用している保湿剤も使用前に一度少量を塗布して、問題なければ全体に塗りましょう。

日焼け対策を万全に!

何よりも日光に浴びないことです。紫外線の強い夏には長袖や手袋、帽子、サングラスなどの日焼け対策をしましょう。また、窓からの紫外線によってアレルギーを引き起こす可能性があるため、室内はカーテンを閉めたり、紫外線カットのフィルムを窓ガラスに貼るとよいでしょう。

医師からのアドバイス

紫外線アレルギーは誰にでも起こる可能性があり、普段の生活が発症の引き金となっていることがあるかもしれません。自分の身体を守るためにも、日々の生活からできることを実践していきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)