ヘーゲル前国防長官がオバマ政権の対シリア政策を批判 3代連続で不満表明

ざっくり言うと

  • 米国のヘーゲル前国防長官がオバマ政権の対シリア政策を批判した
  • 軍事行動に踏み切らなかったことで「発言の信用性を傷つけた」と指摘
  • オバマ政権の国防長官経験者が3代連続で政権への不満を表明したことになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング