ショコラズコット(左)とザッハトルテ

写真拡大

日本マクドナルドは2015年12月1日に「ショコラズコット」、12月7日に「ザッハトルテ」を、専任バリスタが「本格カフェコーヒー」を提供するコーナー「McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」併設店舗で発売した。

マクドナルドといえば、異物混入問題に始まり、昼マック廃止への批判、業績不振、相次ぐ店舗の閉鎖と、最近あまりいい話を聞かない。ここらで起死回生といきたいところで、マクドナルドのイメージとはちょっと違う本格ケーキの登場だ。

ザッハトルテには辛口コメントも

「ショコラズコット」はローストしたくるみ、アーモンド、チョコチップをクリームと合わせ、ココアスポンジでサンド。「ザッハトルテ」はチョコレートフレーバーのシロップを染み込ませたザッハマッセ(スポンジ)にチョコレートソースをサンドし、ショコラーデン・グラズール(チョコレートの糖衣)をコーティングした。店内で食べれば、ホイップクリームがサービスされる。

特に「ザッハトルテ」は主にチョコレート好きから絶大な支持を誇るケーキで、ネット上では、マクドナルドで手軽に食べられることを歓迎する声が続出している。ザッハトルテを求めて店舗に行く人も多いようで、人気回復に一役買っていそうだ。

肝心の味はどうか。食べてみた人からは、

「この値段でこのクオリティ...!素晴らしい」
「ザッハトルテは最強に美味でした」

など高評価が投稿される一方、

「ザッハトルテは『そりゃこの値段だよね』な大きさでした」
「ちょいお子様味なのは仕方ないかー」

と厳しめの声も。

「ショコラズコット」は、

「マックカフェの新しいケーキめちゃんこ美味い ショコラズコット」
「ナッツ類が入ってて他のケーキとは違った美味しさ」
「ズコットの中にたくさんクルミが入ってて美味しいーーー」

と、おおむね好評だ。

ショコラズコットはレギュラー販売で320円、ザッハトルテは16年1月中旬(予定)までの期間限定で360円(いずれも税込)。