織田信長の父の菩提寺で1.5億円流用 住職を介護する同居人の女性

ざっくり言うと

  • 織田信長の父の「菩提寺」が、名古屋国税局の税務調査を受けた
  • 住職と同居する女性が、1億5000万円を流用していたことが分かった
  • 女性は約10年前から住職を介護し、宗教法人の口座や印鑑も管理していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング