インタビューに答える片山右京・監督。勝負師の眼光は現役当時のまま

写真拡大

(【前編】の続き)
 自転車のプロロードレースは、国際自転車競技連合によって統括され、3つのカテゴリーが設けられている。下からコンチネンタルチーム、プロフェッショナルコンチネンタルチーム、そしてワールドチームで、現在、チーム右京が属すのは一番下のカテゴリーだ。今後、アジアなどの海外レースに参加し、勝利ポイントを得てひとつ上のカテゴリーに進むのが当面の目標だ。そうしないと、ツール・ド・フランスへの参加資格が得られない。

 当然、上のクラスに上がるにしたがって、予算規模は大きくなっていく。優秀な選手をそろえ、チーム環境を整えなければならない。年間予算はチームでばらつきがあるものの、トップクラスのチームでは概して10億円は必要になってくる。スポンサーも不可欠だ。右京はモータースポーツで培ったノウハウを存分に投入し、チームを動かしている。

 日本の自転車界においては、チーム右京の参入は「黒船」的なところもあった。チーム右京の畑中勇介は、右京をこう評す。

「モータースポーツで頂点を経験した方なんで、要求するものも高いし、勝負の世界の勘がある。何に対しても挑戦的で、良くも悪くも日本の自転車業界の慣習をぶち破ることも多い。既存の国内チームができなかったようなことをやっていますよね」

 右京からすれば、それは、短時間でトップへと駆け上がるための手段でもあったのだろう。

「僕には小細工なしの正面突破しかないんです。スーパーGTの世界なんかから比べると日本の自転車界はぬるいですよ。前時代的な根性論が残っていたりする。ヨーロッパのチームと伍するためには、トレーニングの方法ももっと科学的であっていい」(右京)

 今年、「Jプロツアー」で優勝したように結果もついてきている。明らかに日本の自転車界に新風は吹きつつある。右京自身の生活スタイルも、F1時代とは大きく様変わりした。

「ロードレースの活動資金に少しでもプラスになればと、ビジネスクラスやグリーン車での移動は一切やめました。クルマもプリウスに替えた。もう27万kmも走ってます。会社の床で寝ることもある。すべては選手優先です。そのかわり俺は絶対にツールに行きますから。

 自信も覚悟も確信もありますよ。そのためには、エゴを捨て、自分がブレないで、自分がどうなりたいか、会社をどうしなきゃいけないかを周りにはっきり見せていく。あと、そこには、いつも愛がなきゃダメなんですけどね」

 右京は、いまもアマチュアレースへの出場を自分に課している。この夏には、210kmを走破する「ツール・ド・おきなわ」出場のために、1か月半にわたって自らを追い込んだ。途中、GTレース、F1のテレビ中継の解説という仕事も重なって、目の回るような忙しさだったにもかかわらず、夜中に早朝にと睡眠時間を削って、2、3時間走りまくった。月に2000kmペースで走ったのだ。64kgあった体重は50kgにまで絞られていた。6時間に及ぶレースを右京は出場294人中74位で完走した。

「もはや苦行に近かったけど、練習は嘘をつかない、と思った。ああ、俺はこのスポーツが大好きだと改めて思いました。この先、この苦しさに比べたら何十倍もきついことがあるかもしれないけど、でも大丈夫、全然耐えられると自信を持ったんです」

 そして、52歳のカミカゼ・ウキョーはこういうのだ。

「僕は、基本的に一生懸命頑張っているときが一番幸せなんです。生きている感じがして……。変態なんです。休みの日に風邪をひいちゃうタイプなんですね。だから、休まず、ずっと走り続けないといけないんです」(了)

◆かたやま・うきょう/1963年生まれ。神奈川県相模原市出身。1992年から日本人3人目のレギュラードライバーとしてF1参戦。F1引退後は、ル・マン24時間レース、ダカールラリーなどでも活躍した。現在は自転車ロードレースとモータースポーツに参戦する「チーム右京」を率いている

撮影■藤岡雅樹 取材・文■一志治夫