『泌尿器科医が教える オトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)

写真拡大

 "草食系男子"などという言葉が定着している昨今の日本社会。セックスに積極的ではない男性が増えている現実があるようだが、その一方で性機能障害によって、上手くセックスができずに悩む男性も増加中だという。

 性機能障害といえば、いわゆるEDと呼ばれる勃起障害がよく知られるところだ。神経や血管の機能不全や心因的な理由で勃起できなくなるのがEDだが、最近はそれ以外に、勃起はできるのだが射精がうまくいかないという「射精障害」の症例が増えている。

 獨協医科大学越谷病院に勤務する泌尿器科医の小堀善友氏は、著書『泌尿器科医が教える オトコの「性」活習慣病』(中公新書ラクレ)のなかで、

「性機能障害、不妊症を専門として働いているドクターはそれほど多くありませんので、学会などでいつも意見交換しています。最近、われわれの共通した意見の一つとして、『射精ができない患者さんが増えてきている』ということがあります」(同書より、以下同)

 と、綴っている。そして、なかでも多いのが「膣内射精障害」と呼ばれるものだ。勃起はできて、女性器への挿入も可能で、"中折れ"することもないのだが、それでもまったくイケない、という症例で、多くの場合はオナニーでの射精は可能だという。同書によれば、膣内射精障害の患者は、小堀氏が診ただけで「カルテベースで年間新患100人以上」にのぼるというのだ。

 では、どういう原因で膣内射精障害が引き起こされるというのだろうか。小堀氏によると「間違った方法のオナニー」が重要なリスクファクターになっているとのことだ。

 間違った方法のオナニーの代表例として、小堀氏が挙げているのが「床オナ」だ。「床オナ」とは、ペニスを床や畳、ベッドなどに押し付けたり、こすり付けたりしてするオナニーのことだが、こういった特殊な方法のオナニーに耽ることで、女性とのセックスでイケなくなる体になってしまうと指摘している。そして、その理由について、小堀氏はこう解説する。

「床オナでは、ペニスを床に押し付け、その圧迫に快感を覚えて射精します。十分に勃起しないまま、射精に至るケースもあります。でもそれは、柔らかく潤った女性の膣に挿入し、ピストン運動をすることによって得られる刺激とは、まったくの別物。同じ『創意工夫』でも、コンニャクが女性器の感触を模したものであるのとは、対照的です」

 つまり、「セックスをする」というシチュエーションには十分性的興奮を覚え、勃起もするのだが、膣内の刺激が日頃の床オナで得られるそれとまったく違うがゆえに、脳が性的な快感と認識してくれず、射精に至らないということだ。

 そして、床オナが実際のセックスをシミュレートしたオナニーではないことが大きな要因ともいえるだろう。もしも、膣の再現を目的とした"コンニャクオナニー"に耽っていたのであれば、膣内射精障害は起こりにくいというわけだ。

 間違った方法のオナニーとしては床オナ以外に、布団や枕、週刊誌などで挟んでする「挟みオナ」や、仰向けで足をピンと張った状態で射精する「足ピンオナニー」などが挙げられている。いずれも、通常のセックスとはシチュエーションがかなり異なるがゆえに、膣内射精障害になる可能性があるという。

 ちなみに、膣内射精障害は外国人よりも日本人に多いとのことだが、その理由について小堀氏は、

「日本の『家では靴を脱ぐ文化』が、多少なりとも影響しているのかもしれません。日本人は畳の床に直接座り、布団を敷いて寝ます。床でゴロゴロもします。そうしたふとしたきっかけで、床オナという禁断の快感に目覚めてしまう人がけっこういるのではないか、と思うのです」

 と分析している。膣内射精障害は、日本の文化が産んだ"国民病"なのかもしれない。

 そして、もうひとつ、もはや"日本の文化"と呼べるほどの存在となっているAV(アダルトビデオ)が原因で射精障害になってしまうケースもある。AVを見ながらなら射精ができるが、実際にセックスをしようとしても上手く射精ができないという症例が増えているのだ。

 AVによる射精障害は、エロコンテンツが身近になったことと、バリエーションが豊かになったことでもたらされていると、小堀氏は指摘する。

「今の日本は『AV天国』といってもいい状況です。街には、様々なジャンルのエロ作品が溢れかえり、ネットを巡れば無修正の類の映像も無料で手に入ります。加えて、日本のその手の作品は、工業製品などと同じでユーザーのニーズを的確にとらえた、『作り込まれた』ものが多い。日本男児は、いつの間にか『オカズに不自由しない』環境に置かれていたわけです。
 そうしたバーチャルなエロの充実は、ある面で『女性の敵』です。男が、わざわざ妻や彼女とセックスしなくても性的満足を得られる状況が広がるのだから」

 実際の女性とのセックスで得られるよりも満足度の高い性的快感をエロコンテンツで得られるがゆえに、膣内射精障害になってしまうということである。発達しすぎた日本のエロコンテンツが、実際のセックスに置き換わっているとも表現できそうだ。

 さらに、こういった日本のエロコンテンツが、世界的な射精障害を引き起こしかねないと小堀氏は述べている。

「エロにせよ何にせよ、『優れた』ものは海外からも支持され、輸出されていきます。アニメが瞬く間に世界を席巻したように、日本製エロコンテンツも、今後普及が進んでいくのではないでしょうか。そうなると、『性の先進国病』ともいえる膣内射精障害も、これから世界規模で増加する可能性があります」

 近い将来、草食系男子が世界に広がるかもしれない......ということだが、射精障害克服のために小堀氏がすすめるツールもまた、日本が産んだエロコンテンツ「TENGA」である。

 言わずと知れた男性用オナホール「TENGA」。勃起したペニスを挿入して、快感を得るための道具で、その締め付け感によって、ソフト、スタンダード、ハードなどの種類がラインナップされている。このTENGAが射精のリハビリに活用できると同書はいうのだ。

「患者さんには、まずハードを使ったオナニーから始めてもらい、スタンダード、ソフトとだんだん刺激を弱めていきます。ペニスを直接手で握ると、どうしてもグリップ力にムラが生じるのですが、これなら刺激は常に一定に保たれ、治療効果も上がります」

 床オナやエロコンテンツが膣内射精障害の原因になり、TENGAはそのリハビリに役立つ......同書ではっきりした統計データが示されているわけではないので、そのまま鵜呑みにするわけにはいかないが、不妊で悩む人々のことを考えれば、膣内射精障害について真剣に取り組む必要があることはたしかだろう。

 同書がきっかけになって、科学的なデータに基づいた議論が活発になることをぜひ、望みたい。
(田中ヒロナ)