寒さが厳しくなり、もう風邪をひいちゃったなんて方もいるのでは? 風邪をひいた時の体は、体内に侵入してきた細菌やウイルスと戦っている状態。しっかりと栄養を摂ることが大切ですが、食欲がない時も多いですよね。そんな時におススメの風邪の時に摂りたい食事とポイントをご紹介します。

風邪ひきさんの食事のポイントは4つ

1.水分をたっぷり補給する

特に風邪で熱があるときは、発汗によって熱を発散しようとします。体内の水分が失われがちなので、脱水症状にならないためにも水分をたっぷりと補給しましょう。水分を補給することで、喉の炎症も抑えられます。おすすめはやっぱり白湯です。解毒効果も高まります。

2.とにかく消化に良いものを食べて

風邪を治すために栄養は必要ですが、胃も腸もいつもより弱っている状態。そんな時は、消化に良いものを食べましょう。冷たいものは避け、温かいものをゆっくりと食べるのがポイントです。おかゆ、おじや、葛湯などが定番ですがおすすめです。

3.炭水化物とタンパク質は必ず摂る

消化が良く、すぐにエネルギーに変換される炭水化物は、体力を保つためにも必要です。免疫力を上げるために、体を作るもととなるタンパク質は忘れずに摂りましょう。するっと食べられるのはやっぱりバナナです。

4.意識して摂りたいビタミンはビタミンAとC

ビタミンA(β-カロテン)には、喉や鼻の粘膜を強くする働きがあるので、細菌やウイルスを撃退するために必要です。ビタミンCには、白血球の働きを促進して免疫力をアップする働きがあります。どちらも風邪ひきのときには意識して摂りたいビタミンです。サプリメントからの摂取も選択肢に入れてみましょう。

風邪ひきのときのおススメ飲み物・食べ物

【スポーツドリンク、果汁100%ジュース】

体に吸収されやすいスポーツドリンクは、風邪のときの水分補給にピッタリです。また、果汁100%ジュースにはビタミンCが豊富に含まれているので、消費されやすいビタミンCを簡単に補給することができます。

【おかゆ】

温かいおかゆは風邪をひいたときの定番メニュー。消化のいいおかゆで炭水化物を摂取しましょう。タンパク質の補給には、消化のいい卵や鶏ささみをトッピングすればGoodです。

【長ネギ、生姜】

長ネギには体を温める効果があります。長ネギの青い部分には意外にもβ-カロテンやビタミンCが豊富。刻んでおかゆにトッピングしても、熱いお湯に味噌と一緒に入れて飲んでもOKです。生姜には体を温めるだけでなく、胃の働きを助ける作用もあります。擦りおろしてお湯に入れて飲めば、風邪のときでもムリなく食べられます。


writer:岩田かほり