赤外線センサー搭載で加熱時間をコントロール

写真拡大

生活用品製造卸のアイリスオーヤマは、「スチームオーブンレンジ」を2015年12月21日に発売する。

スチーム機能を生かした自動メニューも搭載

給水タンク式を採用し100度の水蒸気を更に加熱した「過熱水蒸気」を使って食材の余分な油分、塩分を落とし、栄養を維持したまま健康志向の調理ができる。また、庫内容量を24リットルで、キッチンに置いて使いやすいサイズに設定している。

自動メニューでは、赤外線センサー搭載で食品の表面温度を感知することによって温め、加熱時間を自動で調整し、スチームの量やタイミングを自動でコントロールする。「あたため」、「飲み物」、「解凍」キーで、食品の温度を検知して適度な温度に温め、焼き物のメニューでは、仕上がり選択ボタンで好みの焼き加減に調整できる。

37種類のメニューのうち12種類は、スチーム使用の自動メニューを搭載。例えば、「茶碗蒸し」はスチームとオーブンで中までしっかりと加熱し、「赤飯」はスチームとレンジでふっくらと仕上げる。

参考価格は3万4800円。