『太陽』 ©2015「太陽」製作委員会

写真拡大

入江悠監督の映画『太陽』から場面写真が公開された。

【もっと写真を見る(9枚)】

4月23日から公開される同作は、前川知大率いる劇団イキウメの同名舞台を映画化した作品。ウイルスによって人口が激減し、心身共に進化したが太陽光に弱く夜に活動する新人類「ノクス」と、ノクスによる経済封鎖を受けて貧しく生きる旧人類の「キュリオ」が分かれて暮らす近未来の世界を舞台に、自分の境遇を呪うキュリオの若者・奥寺鉄彦と、ノクスを憎む幼なじみの生田結の姿を描く。

公開された場面写真には、神木隆之介演じる鉄彦と門脇麦演じる結が畑や林の中にいるシーンや、顔が汚れた鉄彦の姿に加え、古川雄輝、古舘寛治といったキャストの様子も写し出されている。

山梨で行なわれた撮影について神木は「夜の山での撮影が多く、寒さとの戦いでした」、門脇は「ボロボロの衣装が馴染んできている自分がいて、食べ物も気にせずこぼせますし居心地がとてもよかったです」とコメント。また入江監督は撮影を振り返り「何もかもが新しく、何もかもが未知の冒険でした」と語っている。

なお舞台版と映画版の世界観を再構築した前川知大による小説『太陽』が、現在『小説 野性時代』に連載中。同作は2月下旬に書籍化される。