冷え症、ストレス、眼精疲労…どのお茶を飲むのが効果的?

写真拡大

 寒い夜やお疲れな休日には、家で温かいお茶でも淹れてほっこりしたい。ただ、どんなお茶を選ぶかで、体調やお肌への影響が変わってくるのをご存じだろうか。

 たとえば寝る前にはカフェインの強いお茶を飲まないほうが良い、というのは多くの人が知っているだろう。では代わりにどんなお茶がいいのか? シチュエーションごとに紹介していこう。

●冷え症が気になる人・寝る前に

よもぎ茶:ノンカフェインのお茶。シオネールという成分が血流を促し、冷え性を改善してくれる。

カモミールティー:カモミールには神経を鎮めて安眠を促す効果や、血流を促して体を温める働きがある。

●ストレスを感じている人・寝る前に

リンデンティー:菩提樹の花のお茶。鎮静作用や安眠作用があり、血圧を下げる働きも。

スギナ茶:ミネラルが豊富で、自律神経の乱れを抑える働きのあるノンカフェインのお茶。デトックス効果も高い!

●パソコンやスマホで目が疲れたときに

ハブ茶:中国では目に活力を与えるという意味の「決明子(ケツメイシ)」と呼ばれる植物のお茶。眼精疲労や充血に効くとして古くから飲まれている。

菊花茶:消炎症・鎮静効果で目の疲れに効くとして、中国で親しまれているお茶。

●便秘に悩んでいるときに

コーン茶:水溶性食物繊維が豊富なお茶で、腸をすっきりさせてくれる働きがある。

ゴボウ茶:ゴボウに含まれるイヌリンという成分が高い整腸作用を持つ。便秘だけでなく、糖尿病や肥満の改善にも効果的とされている。

●カラダが疲れている人・仕事中などに

梅昆布茶:昆布に含まれるミネラルや、梅に含まれるクエン酸が、疲労回復を促してくれる。

ハイビスカスティー:ビタミンやクエン酸が豊富。カリウムも多いので、むくみ解消にも。

 ぜひ体調やタイミングに合ったお茶を選びながら、リラックスタイムを楽しんでみましょう。