今年最大の話題作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の来日記者会見が11日(金)、舞浜のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで行われ、監督を務めたJ.J.エイブラムス、ヒロイン・レイ役のデイジー・リドリー、ストームトゥルーパー脱走兵フィン役のジョン・ボイエガ、ダース・ベイダーを受け継ぐカイロ・レン役のアダム・ドライバーが登壇しました。会見の終盤には、劇中に登場する新型ドロイドBB-8も特別にお披露目!

 

実は同日の午前、同じく舞浜にある東京ディズニーランドにて「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」一行がパークに登場するシークレット・イベント計画があったものの、季節外れの荒天であえなく中止に。JRまで止まってしまう暴風雨の影響を耳にしたエイブラムス監督は、「今日は天気が協力してくれなくて、イベントが流れて残念です。電車まで止まってしい、苦労したでしょう。ありがとう」と集まったマスコミ勢に御礼を言いました。

ただ、荒天のおかげで思わぬ“恩恵”を受けたメンバーもいたようでデイジ-は「イベントの中止は残念だったけれど、おかげで原宿に行けました(笑)」と告白。「後、どれくらいの時間が残っているかわからないけれど、満喫して帰ります!」と笑顔を見せました。

また、ジョンも別な場所に行っていたことを告白。「秋葉原に行って、クールなモノをたくさん買ったよ。本来であれば、使わないけれどね(笑)」と日本文化を満喫したそうです。


新「スター・ウォーズ」を託された3人の起用と魅力についてエイブラムス監督は、「3人ともスケジュールが空いていたんだよね(笑)」とジョークで笑わせた上で、「若い俳優たちは、強くて才能があります。柔軟性もね」と説明。

 

そして、「“スター・ウォーズ”シリーズに出ることはものすごく責任を伴い、質の高い演技が要求されるけれど、若者たちが成長していく物語を観ることはエキサイティングです。特に“スター・ウォーズ”シリーズは、なんでも可能になるようなスペクタクルがあって、人間性やハート、ユーモアのセンスも優れている3人が、キャラクターに命を与えてくれたんだ。

だから、日本の皆さんも気に入っていただけると思います」と、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」への期待を煽りました。

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、2015年12月18日(金)18時30分 全国一斉公開中!

【関連記事】

※ 【Nosh独占インタビュー】島袋寛子が様々な想いを綴った手紙を自身の歌にのせて

※ 西内まりや、三代目JSBメンバー!? 岩ちゃんに間違われ「いえいえいえ」と笑顔で否定

※ 岡田准一「鼻うがいで…死にそうになりました(笑)」エヴェレストでの過酷な撮影秘話を告白

※ 来日した世界的モデル、ミランダ・カーがタイトなミニワンピ姿で艶やかに登壇!

※ 「Yahoo!検索大賞 2015」発表、三代目JSB、窪田正孝、藤田ニコル、金田朋子ら勢揃い