東芝、家電事業の合理化に伴う人員削減を5千〜6千人で最終調整

ざっくり言うと

  • 東芝が家電事業の合理化に伴う人員削減を5千〜6千人で最終調整している
  • 海外のテレビ工場や白物家電工場を売却し当面は事業を縮小して採算改善する
  • 相談役や顧問制度の廃止も検討し、OBの経営関与を減らす方針だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング