新スター・ウォーズレヴュー:ネタバレに死を──『フォースの覚醒』については「何も語れない」

写真拡大

ついに公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。それを見た弊誌編集長は映画館から編集部に直帰。「何をしゃべってもネタバレになるので、何もしゃべれない」とうわごとのように繰り返すばかり。そのまま、もくもくとパソコンに向かい続け、映画の終映から2時間あまりで、1本の原稿を書き上げた。語りえぬ映画を語ることに挑戦した編集長からの、みんなに絶対伝えたいこと。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「新スター・ウォーズレヴュー:ネタバレに死を──『フォースの覚醒』については「何も語れない」」の写真・リンク付きの記事はこちら
theater002

2/1112/18 17:35@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater003

3/1112/18 17:35@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater004

4/1112/18 17:34@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater005

5/1112/18 17:34@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater006

6/1112/18 17:36@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater007

7/1112/18 17:37@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater008

8/1112/18 17:39@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater009

9/1112/18 17:42@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater010

10/1112/18 17:42@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater011

11/1112/18 17:44@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN theater001

12/18 17:34@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater002

12/18 17:35@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater003

12/18 17:35@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater004

12/18 17:34@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater005

12/18 17:34@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater006

12/18 17:36@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater007

12/18 17:37@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater008

12/18 17:39@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater009

12/18 17:42@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater010

12/18 17:42@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

theater011

12/18 17:44@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

情報統制は功を奏した。J.J.エイブラムスとディズニーは、見事に「仕事」をやり遂げた。そのシーンとそのシーンで、ぼくは衝撃のあまり椅子から転げ落ちそうになった。ほんとに驚いた。よくここまで隠し通せたものだ。しかし、その鉄壁の秘密主義は、ディズニーの腕力の手柄とするよりも、J.J.エイブラムスの「理念」の結実と見るのが正しい。

監督のJ.J.エイブラムスは、「ネタバレ」について、こう語っている

「真のダメージは秘密が漏れることではない。それより問題なのは、体験が損なわれることだ。イリュージョンが軽んじられてしまうことだ。別にかまわないという人だっているだろう。でもそれじゃあ、実際に映画やテレビ番組を観る意味は何なのだ? 映画館に行く前から予期せぬ結末を知って、どうして豊かな鑑賞体験になるだろう?」

「ネタバレ(spoiler)」という言葉が「ほかのみんなより先に手に入れられるクールな情報」という意味になってしまっている。もはや誰も覚えていないだろうが、この言葉の本来の意味は「取り返しのつかないダメージを与えること、台無しにすること」なのである。

この言葉をしっかり噛みしめたくば『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、ネットなどにアップされた「スポイラー」を一切観ないで臨むことを、強く強く、オススメしたい。首尾よく、あなたが「操」を守り抜いた上で、劇場にたどりついたなら、映画はJ.J.が言うように、より豊かな体験となる。保証しよう。

ぼくは、ひょんな幸運から、初日1回目のチケットを譲り受けることとなった。メディア関係者だからといって、予めインプットがあったわけではない。もちろん試写も観ていない。その意味では客席にいたすべてのお客さんとイーヴンな立場だ。

ファンと呼ぶにはお粗末なファンでもある。旧三部作は熱狂してみた口だが『ファントム・メナス』を観てげんなりして以来、15年のブランクがある。もちろん、オタク的知識なぞこれっぽちももちあわせていない。

けれども、『フォースの覚醒』の最初のトレイラーが出た瞬間から、これが、ぼくが小学校のときに熱狂した「あの映画」だ、ということは察知した。その埃っぽさ、その汗臭さ、つまるところ、血湧き肉躍る、人間らしさ。監督がJ.J.ならば間違いはない。ぼくは、スタートレックシリーズには何の思い入れもないけれど、彼が監督した2作品は、おそらく20回ずつは観ている。ぼくは、あの2作品を、宇宙を舞台にした、なんとも痛快な青春映画として飽きずに観てしまう。そして、おそらくは、6歳のぼくが観た最初の「スター・ウォーズ」も、またそういう映画だったはずなのだ。

J.J.が『フォースの覚醒』で「覚醒」させようとしたのは、その感覚だったのだろう。もちろん、かつての「英雄」たちの存在も本作の見どころには違いないけれど、最新作の最大のチャームが、終局的には、見事に大役を張り切った、デイジー・リドリーでありジョン・ボイエガであり、アダム・ドライバーだったのは、嬉しいことだった。

スター・ウォーズ初日限定のパンフレット

初日の劇場では、この日限定のパンフレットを購入できた。

この1年間というもの、わが編集部は、それがどんな映画になるのか、大きな期待に胸を膨らませながら、さまざまなインタヴューなど、関係者の声を(主に翻訳記事を通して)『WIRED』日本版のプリント版やウェブサイトで紹介してきた。そのなかで監督のJ.J.が、くどいほどまでに、この新作においてオタク的な知識や映画論的な引用などは重要でないと語るのを目にしてきたのだった。

J.J.はこう語っている

大事なのは要素そのものではなくて、やっぱり背後にいる人間なんだ。宇宙空間や宇宙船や砂漠の惑星をただ即物的に出せばいいってわけじゃない。この体験をしているのは誰なのか、なぜそれが登場人物たちにとって重要なのか、登場人物たちは何に絶望し、何を恐れているのか、といったことが重要なんだ。映画のなかに出てくる要素の引用元を一つひとつ挙げてもらうのは一向に構わないけれど、ぼくに言わせれば、この映画で大事なのは、画面のなかでさまざまな体験をする登場人物の隣で、観客も一緒になってそれを体験しているような気持ちになることなんだ。

過去のスター・ウォーズにあったさまざまな要素を、それを顕彰するためだけに美術品のように入れたり、それが過去の作品に出ていたというだけの理由で、ぞんざいに放り込んでみたりするようなことを避けるべく、細心の注意を払わなくてはならなかった。映画に出てくる要素は、すべて登場するキャラクターと必然的に結びついてなきゃダメなんだ。

それにしても、この「スター・ウォーズ」をめぐる狂騒は、たしかに狂騒には違いないとはいえ、ぼくが嬉しそうに「初日観に行くんですよ!」と自慢すると、少なからぬ数の人が「うーん、前のヤツ全然観てないんで」と、目をそらしてしまうのはどうしたことだろう。温度差と言うなら、それは結構な温度差だ。

J.J.の本作における真意が、スター・ウォーズおたくへの「目配せ」にないのだとすれば、本作の価値は、過去の作品を一切観たことがない人たちに、それがどう届くか、というところにあったと言えるのかもしれない(とは言いながらも、ファン向けの目配せはふんだんにあるので、ご安心を)。

だから、ぼくは、最初から、本作を、これが「はじめてのスター・ウォーズ」であるつもりで観ようと試みた。ハン・ソロやR2-D2の登場のたびにおこる、これみよがしな拍手を(同調したい気持ちを抑えながら)冷淡にあしらいつつ、ぼくは画面に目を凝らした。ハンやレイアをめぐるドラマティックなシーンは、そんな目論見をいとも簡単に突き破って、涙をしぼりとったりもするのだけれど、観終わって印象的なシーンを思い返してみると、やっぱり、そこにレイとフィンがいるのだった。ぼくは、J.J.が目論んだ通り、登場人物の隣で、レイやフィンの存在を、汗のにおいや吐息の熱さとともに味わった気がしたのだった。

『WIRED』US版から届いたレヴューにおいて、筆者のアダム・ロジャーズは、「休み時間に彼女の真似をする女の子や男の子の様子が簡単に想像できる」と語っているが、まったくの同感だ。6歳だったぼくにはルークがいたが、いまの子どもたちにはレイがいる。

神話はたしかに、引き継がれた。

レイが、それを手にする瞬間に向けての高まりを、その途上で目撃する衝撃のドラマを、彼女の鼓動とともに味わってほしい。願わくば、その「体験」を損なうことなく無垢なままで。それは、過去のスター・ウォーズを一切知らなくても、きっと味わえるはずだ。

『WIRED』が贈る、「スター・ウォーズ」特集ページ公開中!

2015年12月18日にいよいよ公開となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。その衝撃に備えるべく、「スター・ウォーズ」を大特集し好評発売中の雑誌『WIRED』VOL.18より、膨大なコンテンツを惜しみなく大公開! 同作を生み出したILMの40年史を辿る貴重な証言集や、新「スター・ウォーズ」を担うことになった6人の猛者たちへのインタヴュー、監督J.J.エイブラムスの真髄に迫る論考などのコンテンツは、こちらから! 期間限定の読者プレゼント企画も実施中。

TAG

J.J. AbramsMovieStar WarsThe DayWIRED JAPAN