「ULTRA JAPAN 2016」

写真拡大

世界最大級のEDMフェス「ULTRA JAPAN 2016」が、2016年9月17日(土)・18日(日)・19日(月・祝)の3日間にわたって行われることがわかった。

【日本で3度目「ULTRA JAPAN 2016」 EDMを牽引する野外フェスの画像・動画をすべて見る】

2014年から日本でも開催されてきた都市型EDMフェス「ULTRA MUSIC FESTIVAL」(UMF)の、これが3回目の開催となる。

EDMを牽引するULTRA(ウルトラ)


EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)は、2009年頃にアメリカの若者を中心に流行し、今や「21世紀最大のムーブメント」「ヒップホップ以来、最大のユース・ムーブメント」と称され続けている音楽ジャンル。

ベルギー発の野外EDMフェス「Tomorrowland」(トゥモローランド)などとともに、この音楽的潮流を牽引するイベントのひとつが「ULTRA MUSIC FESTIVAL」だ。

1998年にアメリカ・マイアミで行われて以来、高層ビルを仰ぎ見ながら音楽を楽しむ都市型フェスとして規模を拡大。毎回、世界最高峰のEDMプレイヤーがDJとして参戦し、世界各地で数十万人を動員するまでになっている。

「ULTRA JAPAN」が日本上陸


日本では、2014年がEDM元年と言われ、「ULTRA MUSIC FESTIVAL」の日本版「ULTRA JAPAN」も、同年初開催され、2日間にわたってお台場を狂乱の渦に飲み込んだ。

2015年にはさらに規模を拡大、3日間連続で開催され、Armin Van BuurenさんやDavid GuettaさんといったEDM屈指のプレイヤーはじめ、AnsoloさんやRobin Schulzさんといった気鋭DJが集結。

さらに、世界的に有名なAfrojackさんとコラボして、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEがサプライズ出演。好意的に迎えたファンもいた一方、「ULTRA」がEDMのDJ主体イベントであるため「趣旨とそぐわない」「さすがに場違い」といった物議も醸し、それがさらに注目に拍車をかけた。



3回目の開催となる「ULTRA JAPAN」


「ULTRA JAPAN 2016」はまだ開催が決まったばかりで、ラインナップは発表されていない。

通常価格の早割第1弾先着先行チケットが12月20日(日)17時から、1日券は¥13,000、3日通し券は¥33,000(いずれも税込)で販売される。また、VIP用の1日券は¥30,000での販売となる。