大渕愛子弁護士が緊急手術へ 子宮がん検診で「子宮頸部異形成」

ざっくり言うと

  • 弁護士の大渕愛子氏が緊急手術を受けることが18日、分かった
  • 子宮がん検診で前がん症状の「子宮頸部高度異形成」との診断を受けたそう
  • 22日に入院して手術を受け、翌日に退院する予定とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング