理系男子必見!?Kentのオリジナルチェック柄「定番服セット」1万円福袋で登場

写真拡大

 男性向けアパレルブランドKentが、来年の福袋商戦でヨーカドーより「定番服」一式を詰め合わせた1万円福袋を発売するそうです。

【関連:セメダインが理系男子社員のために開催した工場コンパ『工(こう)コン』】

Kent1万円セット

 Kentの洋服といえば、トラディショナル・ルックをベースにしたちょっと落ち着いた雰囲気が特徴。1966年ビートルズやポップアートの時代に誕生して以来、50年近く愛されています。ブランドターゲットは大人向けになっていますが、長く使える定番デザインが多いことから、実際のところ中高生から年配の方まで幅広い世代に支持されています。

 今回発売される福袋では、オリジナルのタータンチェックをベースに福袋限定アイテムが開発され、ズボンを除き、あえて男性服の定番デザイン一式がそろうようコーディネートされています。

 チェック柄といえば、ネットで度々話題になる、理系男子の着用率の高さ。特に工学系に人気が高く『都市型迷彩服』といわれることもあります。どうもそれだけ着用率が高いようです。まれにその現象を逆手にとり「チェック祭り」なるものまで開催するところもあるそうで、その日一日チェック柄シャツで全員過ごすという奇祭が行われています。
「さらに同じコーディネートでもかまわんよ」、という理系男子にはちょうど良いかもしれません。というか、一式同じコーディネートのチェック祭りが個人的には見てみたいです。

 福袋といえば奇抜なものや、使いどころの難しいものがセットに含まれることが多く、あけてみてもてあますことが少なくありません。それをあえて定番で固めてくるあたり、ユーザーにとっては優しい福袋と言えるのではないでしょうか。1万円の福袋には、ハーフコート、クールネックセーター、チェック柄シャツ、マフラーにトートバックまでがセット。他にも、コートがダウンハーフコートになった、2万円の豪華版福袋も発売されるそうです。なお、2万円福袋のLLと3Lサイズは数量限定となるそうです。大きめサイズの方はお早めに。

Kent2万円セット