お金を貯めようと思って努力していても、なかなか成果が出ないという人も多いはず。そこで女性セブンの記者・サル美(47才、申年!)が、近著に『銀行員だけが知っているお金を増やすしくみ』(集英社)があるアセットライフマネジメント代表取締役で元銀行員の長岐隆弘さんと、『お金の常識が変わる 貯まる技術』(総合法令出版)などの著書がある消費経済ジャーナリスト・松崎のり子さんに、“サルでも貯まる方法”を聞いてきました。

長岐:サル美さん、いきなりですが、実践編です。まずは今、お金がいくらあるのかの確認から。家中の貯金箱や通帳、お財布などを集めてください。

──はい! 先生、全部用意しました。500円玉貯金だけで合計5万6000円もありました! エッヘン!!

長岐:その調子で左上の空欄に、すべて書き出します。今の自分のお金を1円単位まで知るんです。大変ですが、これをしないと前へ進めないのでがんばりましょう。

──先生、次はどうします?

長岐:次は毎月の収入と支出を書き出します。すでにこの時点でマイナスの人も多いです。

──えっ!? 私もマイナス!

長岐:それだけ毎月のお金の流れに無頓着ということ。銀行員時代は毎日通帳記入をし、家計簿代わりにお金の動きを見ていました。マイナスにならなければ、お金は必ずプラスで貯まっていくんです。

松崎:その通り。サル美さんは最後に通帳記入をしたのはいつですか?

──1年以上していません…。

松崎:それはいけませんねぇ。これからは最低半月に1回は通帳記入をしましょう。毎月の貯金額は収入の10%を目安に、といわれますが、それにとらわれなくてもいいんです。飲み会やレジャーなど、まずは自分の楽しみで使っているお金の1〜2回分を貯金することから。積み立て定期も1000円単位でできるので、5000円から始めてみるのもいいですね。

──へぇ〜。5000円からでもいいんですね。それなら始められそう。

長岐:そして3つ目はいつまでに何をしたいか決めます。単に○○円貯めるではなく“20年後には夫婦で海外旅行へ”“安定した老後のために”など、具体的なイメージを持ちます。

──私は20年後、夫と一緒にオリエント急行に乗りたいな(遠い目)。

松坂:いいですね〜。乗車を夢見つつ貯めて行けば、病気や介護など何かあったらそっちに回すこともできますからね。

──なるほど! そのためにも、早く貯め始めたほうがいいですね。

松崎:その通り。毎月コツコツ貯めましょう!

※女性セブン2016年1月1日号