21人のアジア最終予選メンバーを発表した手倉森監督(右)。今後は石垣島キャンプを通じて、残るメンバーを絞り込むことになる。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選(1月13日〜30日)に臨むU-22日本代表メンバー23名のうち、手倉森誠監督から21名が発表された。残る2名は、12月22日から30日まで行なわれる石垣島キャンプに参加する選手たちと、天皇杯に勝ち残っているチーム(広島、G大阪、浦和、FC東京、柏、鳥栖、神戸、仙台)のなかから選ばれる。
 
 そして、すでに21名が発表されたアジア最終予選メンバーとともに、石垣島キャンプに参加するメンバーも発表されている。
 
石垣島キャンプ参加メンバーは以下のとおり。
 
◆石垣島キャンプ参加メンバー
GK
櫛引政敏(清水)○
杉本大地(京都)○
牲川歩見(磐田)
中村航輔(福岡)○
 
DF
櫛引一紀(札幌)
松原 健(新潟)○
高橋祐治(讃岐)
亀川諒史(福岡)○
室屋 成(明治大)○
安在和樹(東京V)
植田直通(鹿島)○
三竿健斗(東京V)
 
MF
大島僚太(川崎)○
遠藤 航(湘南)○
原川 力(京都)○
矢島慎也(岡山)○
豊川雄太(鹿島)
前田直輝(松本)
川辺 駿(磐田)
 
FW
荒野拓馬(札幌)
久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)○
鈴木武蔵(水戸)○
金森健志(福岡)
オナイウ阿道(千葉)○
※ ○はアジア最終予選メンバー
※ 南野は1月2日からの合流。
 
◆天皇杯に参加するチームの候補選手
関根貴大(浦和)
鎌田大地(鳥栖)
秋野央樹(柏)
中谷進之介(柏)
中山雄太(柏)
西野貴治(G大阪)
 
※準々決勝敗退の場合は、12月27日から石垣島キャンプに合流。その他は1月2日合流