日立モバイル型キャッシュカードサービスのイメージ。スマートフォンから発行申請が行えて、発行後はスマートフォンをキャッシュカード代わりに、金融機関のATMや窓口で利用することができる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 日立製作所は17日、スマートフォン(スマホ)をキャッシュカード代わりにしてATM取引などを可能とする「日立モバイル型キャッシュカードサービス」を国内の金融機関向けに販売開始した。

 同サービスを導入することで、NFC対応のAndroidスマホをモバイルキャッシュカードとして利用することができるようになる。

 金融機関の利用者としては、キャッシュカードや印鑑などを持ち歩いたり、窓口での伝票記入を不要になるという利便性の向上に加えて、キャッシュカードの新規発行に比べると利用開始手続きが容易になる。また、ATMでの操作の簡略化やインターネット取引との連携などの多数のメリットが期待される。

 採用する金融機関側としては、各種手続きの簡略化、混雑緩和、スキミングなどのカード犯罪の抑止などの安全性の確保などを実現できる。

 基本サービスを同日から提供し、営業店向けとATM向けのサービスを2016年上半期、インターネット向けサービスは2016年下半期に提供する。価格は個別対応となる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI