水没後に通電すると機器の故障に繋がるため、未通電状態で対応する必要がある(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 アミダトレーディングは17日、水没したスマートフォンなどを復旧する液体ツール「リバイバフォン」が、イオンモバイル全国主要ショップ、50店舗で販売開始されたことを発表した。

 同製品は、英国Reviveaphone.Ltd社より同社が輸入販売している製品で、世界11か国で20万台以上の累計出荷台数を誇っている。水没したモバイル機器をパウチ袋に入れ、未通電の状態でリヴァイバフォンを注ぎ7分間密封。その後取り出し、24時間自然乾燥させるという方法で復活を図る。特殊な液体で水に含まれるミネラル成分をモバイル機器から除去することで、水没後の機器でも1週間以内であれば復活率90%を実現しているという。

 なお、水没後に焦って電源の通電(ON/OFF操作)をしてしまうと、内部でショートなどを起こしてしまうため、同製品を使っても復活ができなくなるので要注意。イオンモバイルの主要ショップのほかにも、ソフトバンクショップ都内旗艦店、主要家電量販店、各種Web通販ショップなどで販売されており、防犯システム取材班が調べたところ、実勢価格は4,000円前後となっている。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI