ITエンジニア530人が選ぶ、2015年に注目したITワードランキング

写真拡大 (全2枚)

 リクルートテクノロジーズは17日、ITエンジニアを対象に実施した、ITワードに関する調査の結果を「2015年注目ITワードランキング」「2016年の流行予測ランキング」として発表した。調査時期は12月4日〜6日で、530名から回答を得た。

 事前に抽出した42ワードのうち、上位3つまでをそれぞれ選択してもらった。その結果、まず「2015年にもっとも注目したITワード」については、1位「マイナンバー」、2位「ドローン」、3位「Windows10」がトップ3になった。上位は新しく登場・浸透し、ニュースでも取り上げられることの多かったワードが多かった。

 一方で、10位「サイバー攻撃」、14位「情報漏洩」、21位「セキュリティ」、22位「標的型攻撃」、23位「アノニマス」など、情報セキュリティに関連するワードも多数ランクインした。「マイナンバー」「ドローン」なども、その利便性の一方で、セキュリティ面・運用面などの不安が指摘されており、“対応すべきリスク”に注目が集まったといえる。

 「2016年に世間で流行すると思うITワード」では、1位「マイナンバー」および「自動運転」、3位「ドローン」、4位「iPhone 7」、5位「AI(人工知能)」となり、引き続き今年の注目ワードが上位を占めた。1位「自動運転」、5位「AI(人工知能)」、21位「ディープラーニング」、22位「機械学習」など、人工知能領域のワードも多かった。