わずか14光年「最短距離」の地球型惑星を発見 生命存在の可能性も

ざっくり言うと

  • 地球からわずか14光年という「至近距離」に、地球型の惑星が見つかった
  • 水が液体の状態で存在でき、生命の存在の可能性もあると識者は語っている
  • 豪州の大学の研究チームが、南米チリにある大型望遠鏡を使って発見した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング