『コイツを見たら110番 通報された奇人・ヘンタイ トンデモ事案50連発』(Jタウンネット編集部・著)

写真拡大

「事案」という用語を聞いたことがありますか? 北海道から沖縄まで全国には1167の警察署がありますが、そのほとんどのところで毎日のように「事案」が公表され、住民に警戒するよう呼びかけています。簡単に言うと「不審者情報」ですね。「謎の声かけ」「不可解な行為」「ストーカー」などなど。それらはいずれも110番通報などをもとに集積され、警察のサイトや地域の掲示板などで、防犯に役立てられています。

「女子高生の靴下を脱がす男」や「自らの股間を懐中電灯で照らす男」

Jタウンネット編集部では毎日、全国の警察から発信される膨大な「事案情報」に目を通し、独自に「事案ウォッチ」としてサイトで公開、読者にお知らせしてきました。そんな中から今回、特に不思議な「事案」や興味深い「事案」をピックアップして電子書籍にまとめました。2015年12月17日からAmazon Kindleや、ibooks、楽天Kobo、ヨドバシドットコムなどで発売中。価格は250円。

「女子高生の靴下を脱がす男」「奇声を発しながら、自転車に乗った女性を追いかける男」「自らの股間を懐中電灯で照らす男」など、およそ常識では計れないエピソードが盛り沢山。もしかしたら、あなたのご近所の「事案」があるかもしれません。今すぐチェックを!

その他のJ-CASTニュースセレクションはこちら。