コカ・コーラなどのCMを手掛ける演出家・柿本ケンサクの初個展「TRANSLATOR」展を代官山で開催

写真拡大

演出家、映像作家、写真家と様々な顔を持つ柿本ケンサクの初個展「TRANSLATOR」展が、代官山ヒルサイドテラスで開催。期間は2016年1月16日(土)から31日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

映画の現場を経て、トヨタ自動車やコカ・コーラ社など数々のCMディレクションや広告の世界に携わる柿本ケンサク。近年はライフワークとして“写真”というメディアを通し、その表現の場を広げつつある。

20代前半より50カ国以上を旅してきた彼は、「自分は地球の血液のような感覚でいる、言葉では表現できない空気、体温、感情を切り撮ることを大切にしたい」と語る。この5年間で撮影された数万点の写真の中から、写真作品を中心に未公開の映像作品などを展示。彼の創造の世界に迫る。

【開催概要】
柿本ケンサク「TRANSLATOR」展
会期:2016年1月16日(土)〜31日(日)
日時:11:00〜20:00(19:30最終入場)
※最終日は16:30まで最終入場17:00閉館。
会場:代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム
住所:東京都渋谷区猿楽町18-8
料金:1,000円(学生以下無料)

【問い合わせ先】
ヒルサイドインフォメーション
(会期中のみ、会場までの案内等)
TEL:03-5489-3705