日産自動車は12月17日、同社の販売店舗に導入した人型ロボットである「Pepper」に同社オリジナルのアプリケーションを搭載し、来店客対応を本格的に開始した。

同社は、「お客さまにもっと気軽にお店に足を運んでいただきたい」という想いを具体化にするためとして、店舗運営や設備などに独自の認定基準を設けた全国の「レディー・ファーストショップ」のうち100店舗に、Pepperを11月下旬から順次導入しているという。

同社販売店のPepperは、来店客に日産の自動車に興味を持ってもらったり、店舗にいる時間を楽しく過ごしてもらうため、同社オリジナルのアプリケーションを搭載して出迎える。これにより、Pepperによる商品説明や接遇を体験できる。

なお、この同社オリジナルのアプリケーションは、吉本興業グループの「よしもとロボット研究所」と日産が共同で開発したとのことだ。

現時点において日産の販売店で体感できるPepperの機能は、商品をPepper目線で説明する「商品紹介」、日産や自動車に関する質問にPepperが面白おかしく答えるというコミュニケーション・アプリである「クルマで一問一答」、自動車や日産をモチーフにした早口言葉やノリツッコミで子供から大人まで幅広い年代が楽しめるという日産オリジナル・ゲーム、Pepperが自律移動するアプリである「ブンブンPepper(仮)」の4種類。

なお同社によると、ブンブンPepper(仮)はPepperのアプリ開発審査実施アプリとしては世界初の自律移動アプリといい、人を認識し自動追尾することで自動運転の技術を分かりやすく体験できるとしている。

同社は今後、販売店のPepperにおいて、遊びやゲームを通して分かりやすく日産の自動車の装備や技術を知ってもらう機能や、得意客に対して顔認証機能や個々の反応を蓄積・分析する機能などを利用して従来に無い最適な対応を実現する機能を追加していく予定とのこと。

また同社は、Pepperについてよりよく知ってもらうための特設サイトを開設した。同サイトでは、日産のレディー・ファーストショップに導入したPepperについて、分かりやすく解説しているという。

(山本善之介)