画像

写真拡大 (全2枚)

 Sprocketは、「離脱防止ツールSprocket」をリリースした。同ツールは、訪問者の過去の行動に基づきメッセージで次のアクションを案内し、コンバージョン前の離脱率の低下を狙う。ECサイト以外の様々なタイプのサイトにも対応可能だ。

 Sprocketは、「離脱防止ツールSprocket」をリリースした。同ツールは、訪問者の過去の行動に基づきリアルタイムに「Sprocketガイド」というメッセージで案内することでコンバージョン前の離脱を防ぐことができる。

 また、同ツールは、ECサイトはもちろん、様々なタイプのサイトに導入実績がある。例えば、ティーライフが運営するECサイトでは、Sprocketガイドを表示しない場合と比較して、会員登録率が11.9倍になった。またNTTレゾナントの提供するコミュニティサイト「教えて!goo」では導入後、最重要指標の1つであるベストアンサー選定率が24%アップした。

 その他、オンラインチュートリアルを動的に生成できる「ツアー」機能を搭載しており、導入後の運用も同社のスタッフが支援してくれる。今後同ツールを同社のメインプロダクトとして、次年度の導入100件を目指す。

MarkeZine編集部[著]