大型小惑星がクリスマスイブに接近 地球から1100万kmの距離を通過か

ざっくり言うと

  • クリスマスイブに大型小惑星が地球に接近すると天文学者らが17日、発表した
  • 全長約2kmの小惑星は、地球から約1100万キロの距離を通過する見通し
  • 専門家は「いわゆる地球接近天体のような類いのものではない」と指摘する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング