モウリーニョ解任についてエメナロ氏「選手との間に不和があった」

写真拡大

▽チェルシーのテクニカルディレクターであるマイケル・エメナロ氏が、ジョゼ・モウリーニョ前監督の解任について語った。クラブ公式サイトが伝えている。

▽昨シーズンのプレミアリーグ王者であるチェルシーは、ここまでリーグ戦16試合を終えて9敗を喫し、降格圏の18位と勝ち点差1の16位に低迷していた。クラブはこの成績を受けてモウリーニョ監督と話し合い、双方合意の上で契約を解除。事実上の解任となった。

▽エメナロ氏は『チェルシーTV』のインタビューでモウリーニョ監督の解任について言及。「監督と選手の間に明らかな不和があった」とコメントした。しかし、選手たちがモウリーニョ監督の解任に影響を及ぼしたのかという質問には「そのような推論をすることはとても簡単だ。ただ、クラブが容認することではない」と語り、直接的な関与があったことは否定している。

▽モウリーニョ監督は、14日のレスター・シティ戦(2-1で敗戦)後に「裏切られた」とコメント。11月には、負けを望む選手がいるとの報道も出ていた。

▽また、エメナロ氏は突然の監督解任について「このような状況のための非常事態計画がないならば、ビッグクラブではない」とコメント。「できるだけ早く引き受けてもらうように、クラブは動いている」と後任監督探しに着手していることを明かしている。