デイジー・リドリー

写真拡大

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヨーロッパプレミアが現地時間12月16日にロンドン中心部のレスター・スクエアで行われ、J.J.エイブラムス監督をはじめ、新キャストのデイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、最初の3部作以来の出演となるハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミルらが登場した。

R2-D2が描かれた『スター・ウォーズ』特別便がハリウッドからロンドンへ

この日は8000人のファンと、世界中から集まった報道陣による80台のテレビカメラ、100台のスチールカメラが見守る中、イベントがスタート。レーザービームのライトショーによる華やかなオープニング演出後、監督・キャストらがレッドカーペットに到着した。

引き続きハン・ソロ役を演じたフォードは、日本のファンに向け「日本のファンの方々も、長い間、関わってきた作品の続きが見られるので楽しめると思います。私たちは、日本の観客の方々のパワフルで温かい歓迎をすごく嬉しく思っていますし、感謝しています」とコメント。

イギリス出身のリドリーは、ロンドンで行われたプレミアに「私の家族も来ていて特別よ。見てもらうのが待ち遠しいわ」と話し、同じくイギリス出身のボイエガも「僕は南ロンドン生まれだから、本当に最高の気持ちだよ! このポジションでここに来られて、この映画に関われていることは、僕にとって現実離れしているよ。でも、今これを受け止めて、この瞬間を大事にこの体験を満喫したいです」と語った。

またJ.J.は、「なんで『スター・ウォーズ』はこんなにも継続的にファンに愛され続けていると思うか?」という質問に、「ジョージ・ルーカスが作り上げたのは、時空を超えた物語で、冒険やはぐれ者や善と悪との対決。さらに、核となるカッコイイ精神論のフォースがあって、素晴らしい出来栄えで、素晴らしい音楽もある。だから、全ての方々に愛されるし、時を越える力を内包しているんだよ」と答えていた。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日18時30分より全国一斉公開となる。

ルーカスやハリソンも登場!『スター・ウォーズ』ワールドプレミア
『スター・ウォーズ』新ヒロイン「フォースとともに」とニッコリ! ジャパンプレミア
[動画]『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ジャパンプレミア
[動画]『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』来日記者会見