Doctors Me(ドクターズミー)- 手軽に食べられる、髪によい食材ランキング!

写真拡大

年とともに髪の毛が細くなったり、ボリュームがなくなったり、薄毛になったりとトラブルが出やすい髪の毛。
いつの間にか白髪が増えてしまった、なんて方もいらっしゃると思いますし、無理なダイエットをしたら髪のダメージがひどくなってしまった、という方もいらっしゃると思います。
今回は髪のダメージに効果のあるとされる食べ物を医師に解説していただきました。

海藻が髪にいいは日本だけ?髪の健康を保つ栄養素とその役割は?

今回ご紹介するデータはアメリカのものです。
日本では海藻類が良いといわれていますが、アメリカでは日本のように積極的に食べる習慣がないのか、ランキングに含まれていません。不思議ですね。

髪の健康を保つ栄養素は以下のとおりです。

・良質なタンパク質
髪の毛の状態をよりよく保つ

・ビタミン A 、ビタミンC
頭皮を健やかな状態に保つ

・ビオチン
ビタミンB群に含まれるビタミンで、髪の成長、頭皮の状態を健康に保つ働きがある

・亜鉛
髪質を改善したり脱毛を防ぐ働きがあり、白髪の予防になるという嬉しい報告もある

・鉄分
赤血球の材料になり、毛根細胞に酸素を供給するために必要な成分

・オメガ3脂肪
脂質の一種で髪のコンディショナーとしての機能があり、自然な艶をもたらす

手軽に食べられる髪によい食材ベスト3!

1位 鶏卵
髪の毛を健康に保つために必要な良質のタンパク質、鉄分、亜鉛の他に、セレニウム、硫黄が含まれています。
コレステロール値が気になる方は、1日1個を目安にしましょう。

2位 ナッツ
いろんな種類のナッツがありますが、
アーモンドは抗酸化作用があり髪だけでなくアンチエイジングに効果があるともいわれています。
脂質が多いため食べ過ぎると吹き出物の原因になりますので要注意です。

3位 牡蠣
亜鉛を多く含みます。
これからのシーズン、カキフライや鍋物で積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

まだまだある、髪によい食材たち!

4位 緑黄色野菜
ビタミンCとAを多く含み、カルシウムや鉄分も豊富です。
鍋物や炒め物、サラダなどいろんな料理で活用してみましょう。

5位 鳥肉
良質なタンパク質が多く含まれており、お値段が手頃なのも嬉しいですね。
調理方法もたくさんありますので、サラダからメインディッシュまでお好みでどうぞ。

6位 豆類
髪の毛の健康を増進する鉄分と亜鉛、ビオチンを多く含みます。
豆類に含まれるイソフラボンは女性ホルモンによく似た働きをするため女性には強い味方です。
豆乳や豆腐などで簡単に食べられますので、積極的に食べましょう。

7位 全粒穀物
鉄分、亜鉛、ビタミンBなどの栄養素を含んでいます。
シリアルや、全粒粉パンなどが売られていますので、ぜひ活用しましょう。
食物繊維が多いため便秘の解消にも役立ちます。

【医師からのアドバイス】

番外編として、海藻類もあげられます。
アメリカの報告では出番がありませんでしたが、海藻類はヨードをたくさん含んでおり、ヨードが頭皮の血流を良くするという報告もあります。昔から海藻類は髪に良いといわれていますが、科学的な裏付けがあったようです。

加齢による髪のトラブルは誰もが抱えるもの。日々の食事の中で改善できるのであれば、できることから始めて、いつまでも美しい黒髪でいたいものですね。

(監修:Doctors Me医師)