【引退会見】澤「本当に最高のサッカー人生」、思い出のゴールは「W杯のアメリカ戦」

写真拡大

▽16日に今シーズン限りで現役を引退することを発表したINAC神戸レオネッサのMF澤穂希(37)が17日、東京都内で引退会見に出席した。会見のコメント、質疑応答は以下の通り。

◆MF澤穂希(INAC神戸)

「この度、私、澤穂希は現役を引退することを決断しました。引退の一番の理由は心と体が一致してトップレベルで戦うことが難しくなったと感じたからです」

「人生の最大の決断となりましたが、悔いなくやりきった本当に最高のサッカー人生でした。残りの皇后杯、最大で3試合残っています。今までたくさんの方、応援していただいた皆さんに、感謝の気持ちを込めて精一杯プレーし、サッカー選手、澤穂希として最後、生き様を見せたいと思います。今まで応援してくださった全ての方々に感謝したいと思います。本当に長い間ありがとうございました」

◆代表質問

――今の気持ちは

「本当に長い間サッカーを続けてきて、たくさんのことを経験し、悔いのない、本当にやりきったと思えました。本当に最高のサッカー人生でした」

――引退を決めた時期は

「去年から続けるか続けないか自問自答を何度も繰り返してきました。その中で、主人に背中を押してもらってサポートしてもらって、お付き合いさせてもらって、結婚してこの一年頑張れたと思っています」

「ワールドカップ終えて、その瞬間に悔いなくやれたと思えました。その時くらいから、今年いっぱいだと思ってここまで来ました」

――ワールドカップを終えてから感じるものはあったのか

「去年、代表を外れていろいろなことを考えて、体も心も一致してトップレベルは難しいと自分自身で思っていました。今年一年かなという思いでした」

――まだまだできるのではと思えるが、心と体の不一致を具体的に

「2011年のワールドカップ以降、体の疲れが取れなかったり、気持ちの面で、上を目指す上で目標に向かっていくには難しい一面があありました」

――入籍して引退発表。その2つを結びつけて考えてしまうが

「それは全くないです。逆に主人が支えてくれてお陰で頑張れました」

――皇后杯が残っているタイミングで引退を発表した理由は

「皇后杯が終わってバイバイでは寂しいなと。皇后杯が始まる前でみんなを動揺させる部分もありましたが、共通意識、共有意識を持ってやりたかったです。このメンバーで皇后杯を優勝るすため、一つになるためにもこのタイミングでの発表になりました」

――最大3試合、どういうプレーを見せてくれるか

「1試合、1試合、今持っている全ての力を出し切って、長い間、応援してくれた、支えてくれた全ての人に感謝の気持ちを込めて、澤穂希らしい泥臭いプレー、最後まで諦めないひたむきなプレーを見せられたら良いなと思います」

――ゴールをみたいが

「意識しすぎるとうまくゴールできないので、まずはチームの勝利に貢献できるように。その中で得点ができれば嬉しいです」

――引退後のプランは

「今は皇后杯が終わったらちょっとだけ体と心を休めたいなと。今後は、サッカーはもちろん日本のスポーツ界、世界でも活躍できるような澤穂希にしかできないことをやっていけたら良いなと思います。そして、子供が好きなので、女子サッカーの底辺を広げる、子供たちに夢を与える仕事ができれば良いなと思っています」

――指導者の道も考えているということか

「現役中は、指導者はないなと思っていましたが、今後は引退してもしかしたら、指導者になりたいという気持ちが出てくるかもしれないので、その時の気持ちを大切にしたいと思います」

――サッカー協会の重要なポジションの候補に名前が挙がっているが

「直接、話はもらっていないです。今後、自分にできることあれば考えていけたら良いなと思います」

――リオ五輪には何かの形で関わっていきたいか

「今は考えてないですが、できることは協力していきたいと思っています」