国内組のみの日本代表候補26名でミーティング実施…湘南MF永木が初候補入り

写真拡大

 日本サッカー協会は17日、スタッフ・選手ミーティングに参加する日本代表候補メンバー26名を発表した。

 練習などは行わずミーティングのみが実施され、国内でプレーする選手が対象。宇佐美貴史や柏木陽介、FC東京からフィテッセに移籍することが決まっている太田宏介などが選出。湘南ベルマーレ所属のMF永木亮太が代表候補初選出となった。なお、FIFAクラブワールドカップ2015の3位決定戦を控えるサンフレッチェ広島からはメンバーは選ばれていない。

 メンバーは以下のとおり。

▼GK
東口順昭(ガンバ大阪)
西川周作(浦和レッズ)
六反勇治(ベガルタ仙台)
林彰洋(サガン鳥栖)

▼DF
丹羽大輝(ガンバ大阪)
槙野智章(浦和レッズ)
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
米倉恒貴(ガンバ大阪)
藤春廣輝(ガンバ大阪)
丸山祐市(FC東京)
昌子源(鹿島アントラーズ)

▼MF
柏木陽介(浦和レッズ)
永木亮太(湘南ベルマーレ)
武藤雄樹(浦和レッズ)
米本拓司(FC東京)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
遠藤航(湘南ベルマーレ)

▼FW
興梠慎三(浦和レッズ)
小林悠(川崎フロンターレ)
遠藤康(鹿島アントラーズ)
金崎夢生(鹿島アントラーズ)
永井謙佑(名古屋グランパス)
齋藤学(横浜F・マリノス)
宇佐美貴史(ガンバ大阪)
杉本健勇(川崎フロンターレ)