変更後の取引先を選定したきっかけ

写真拡大 (全3枚)

 Web広告研究会(日本アドバタイザーズ協会)は17日、「企業顧客による取引先変更状況に関する調査」の結果を発表した。調査期間は10月9日〜10月14日。

 過去5年以内に取引先を変更したことがある、BtoBビジネス3業種(電子部品・材料/建材・住設機器/ドキュメントソリューション)の企業担当者3000人から回答を得た。

 まず「変更後の取引先を候補に入れたきっかけ」は「過去の取引経験があった」48.0%が最多。次いで「営業を受けた」46.7%、「当企業のWebサイトを見た」44.0%だった。取引先変更対象となった案件が発生するまでに、「取引先企業との接点となった媒体」では「企業Webサイト」42.5%と「カタログ・パンフレット」42.4がとくに多く、「メーカーの営業」34.5%がそれに続く。

 取引先変更にあたって、企業Webサイト閲覧者と非閲覧を比較すると、すべての選定理由で、企業Webサイト閲覧者のほうが影響が大きかった。とくに「性能と要件の適合度」では、閲覧者が非閲覧者を20ポイント上回っている。サイト閲覧者のほうが、メーカーや製品をより理解した上で選定しているとみられる。