70年代後半、ハワイのとある酒場。体力自慢の水兵たちが、「マラソン、遠泳、バイク、どの競技の王者が最も偉大か?」という話題に花を咲かせていた。喧々諤々(けんけんがくがく)の激論も答えは出ない。すると、ひとりの男がこう言った。

「だったらいっぺんに全部やって決めればいい」

 それが、トライアスロンという競技が産声を上げた瞬間だった。

 伝説の酒盛りから40年後、上田藍は顔も知らない水兵たちに思いを馳せ、感謝する。

「水泳と陸上、私の大好きな競技がふたつも入った贅沢なスポーツを、今まで私が流した汗を全部生かせるスポーツを作ってくれて、ありがとうございます」

 2000年のシドニーオリンピックからトライアスロンは正式種目となり、スイム1.5km、バイク40km、ラン10km、計51.5kmの距離で競技は行なわれる。

 北京、ロンドン、二度のオリンピック出場経験を持つ競技歴15年、31歳の上田は、現在も自己ベストを更新し続け、来夏狙っているのは3度目のオリンのピック出場だけではない。155cmの小さなアイアンガールは言う。

「表彰台の一番上、金メダルを狙います」

 青春は時に残酷だ。競技へ注いだ愛情と練習量が、成績と正比例はしない。

 彼女は中学で水泳部に所属していたが伸び悩む。高校では陸上部で3000mを専門にした。日に20kmを走り込むなど、コーチに「練習量は誰にも負けていない」と言われるほどの練習の虫となった。こんなエピソードがある。ある日、男子部員が彼女に言った。

「もし上田さんと付き合ったら、デートはジョグっぽいね」

 しかし、そこまで打ち込んでも成績は思うようには伸びなかった。京都府で8位入賞するのがやっと。自分よりタイムが悪かった選手にも次々と抜かれていく。くじける要素はいくらでもあった。だが、彼女は前だけを向いた。

「私はまだ未完成だ。完成への過程だ。自分に期待する思いが、心のどこかにあったから」

 手描き友禅の職人の両親も、彼女を励まし続けてくれた。

「いつか藍は勝てるよ」

 転機は突然訪れる。高3の夏、トライアスロンの存在は知っていた彼女が、何気なくローカル大会に参加する。そして、初出場にかかわらず高校生の部で優勝。喜びと同時に、思った。

「自分の全てを掛ける価値がある競技を見つけた!」

 ただ当時、トライアスロンに関する情報はほとんどなかった。すると両親が専門誌を読みあさり、現在も上田を指導する稲毛インターナショナルトライアスロンクラブの山根英紀コーチの存在を探し出してくれた。行動派の父は、いきなりクラブに電話をかける。

「シドニーオリンピックの代表選手を育てた実績あるコーチに、ローカルの小さな小さな大会に1回勝っただけの娘を持つ父が、突然電話したわけです。『うちの娘、どうでしょう?』って。しかも、私がまったく知らないうちに。今思えば恥ずかしいですよね(笑)」

 山根がちょうど関西で仕事があったこともあり、京都に立ち寄ってくれた。そして彼女の水泳、陸上に関する記録を見て、「会員制のクラブなので、入会すれば指導することはできる。ただ、今は選手のスカウティングはしていない。それでもいいか?」と聞いた。聞く人によっては、暗に断っているのだと取るだろう。しかし、上田の耳にはそうは聞こえなかった。彼女は目を輝かせて大きな声で即答した。
「よろしくお願いします!」

 そして、高校を卒業と同時に千葉県で一人暮らしを始める。

「水泳で勝てなかった。陸上でも勝てなかった。なのに、ふたつが合わさったら勝てた。その競技を指導してくださる、日本トップクラスのコーチが目の前にいる。よく、『思いきったね』って言われるんですが、私には躊躇(ためら)う理由の方が見当たらなくて」

 トライアスロンは、3種目の能力を並行して向上させていくため、必然的に練習時間が長くなる。トップ選手になると、一日6〜8時間を練習に費やす。

 本格的に競技を始めたばかりの上田の練習風景の動画が残っている。そこには、練習がきつくなればなるほど笑う彼女の姿が映っていた。

「もちろん苦しいですよ。でも、きつければきついほどうれしくて。だって、強くなれるから。やったらやった分だけ結果がついてくることが、本当に楽しかったんです」

 上田は今年10月、日本選手権を制した。4度目の優勝は女子では最多だ。来年3月からは、リオオリンピック代表選考対象となる国際大会が続き、上田は3度目のオリンピック出場、そしてメダルを狙う。今も自己ベストを更新し続け、世界を転戦するW杯、今年のメキシコ大会を制していることからも、その目標は絵空事ではない。

 ただ、国際大会となると155cmの彼女の身長は、外国人選手と比べると頭ひとつ小さく、パワーではどうしても劣ってしまう。だが、その身長をデメリットどころか、彼女は「プラマイでプラスですね」と笑い飛ばす。

「だって、『小さくて大変なのにエライですね』って褒めてもらえるじゃないですか(笑)。それに、もちろん不利なこともあるけど、大きな選手は、その分体重が重いのでバイクやランの時、上りが得意じゃなかったりするんです。良い部分と悪い部分、誰しも持ってる。だから不利だとは思わない。それに私は、この身長で勝ってきているので、『背が低いから勝てないんだ......』って下を向いている小中高生に、『小さくても頑張れば勝てるんだよ!』って言えるのがうれしくて」

 彼女には好きな言葉がある。それは、プロ野球のロッテを31年ぶりの優勝に導くなどの経歴を持つ名将ボビー・バレンタインが発した言葉だ。

「『能力に限界はあるが、向上心に限界はない』。大好きな言葉です。私自身、『もっとできる。もっと、もっと』と思いながら今日までやってきた選手なんで」

 上田は2006年から"感謝ノート"と呼ぶノートに、未来のことを過去形で綴る日記を書いている。例えば、「●●大会で優勝できました。ありがとうございます」といったように。書き込むことで、表彰台に上る姿を、フィニッシュテープを一番に切る自身の姿をイメージして、モチベーションを、日々の練習の質を引き上げていく。

 ロンドンオリンピックが終わったその日、彼女は感謝ノートを開き、こう記した。

「2016年、リオデジャネイロオリンピックで勝つことができました。ありがとうございます」

 日記が現実となった時、彼女はあの日の酒場の水兵たちに、もう一度感謝するだろう。

【プロフィール】
上田藍(うえだ・あい)
1983年10月26日生まれ。京都府出身。
中学時代に水泳、高校時代の陸上経験を経て、トライアスロンに転向。身長155cmと小柄ながらも、現在日本ランキング1位を維持し、今年10月に行なわれた日本選手権では、4連覇を果たした。オリンピックは北京、ロンドンの2大会に出場している。

水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro