専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第34回

 ゴルフをやり始めた頃、周囲から呪文のように唱えられていたのが、「ルールとマナーの遵守」という言葉です。「ゴルフは、紳士のスポーツだから、ルールにのっとったゴルフをして、マナーを守りなさい」と。おかげで、スコアのほうはまったく伸びず、苦労したものです。

 でも、ルール&マナーの徹底は、古きよきカンツリー倶楽部に人々が集う時代の決め事であって、これだけゴルフが大衆化した現在、そこまで厳しく守る必要があるかどうかは疑問です。

 ゴルフは、習い始めてから、途中リタイア率が高いスポーツと言われています。みなさんの周りを見ても、「あいつ、昔はゴルフをやっていたな」という人がいるでしょう。

 辞める理由は、金銭的なことが多いのですが、その次に多いのが「上達しないから」です。それは結局、ルールやマナーをガミガミ言われて、それで萎縮して、上手くならないのです。

 ゴルフのルールやマナーにおいては、"プライベートルール"なるものを導入することで多少緩和させて、やさしくプレーするのもアリかと思います。こういう話は、私だけが言っているのではなく、日本ゴルフ界の重鎮、倉本昌弘プロも「たまには、スコアをつけず、のびのびとゴルフをやってもいいんじゃないか」と提唱し、自ら実践しています。

 その際、倉本プロは「スコアをつけないから、叩いたかどうかもわからない」と言って笑っています。お茶目ですね。

 おそらく、倉本プロが言いたいことは、「ゴルフ場で試したいショットとか、やってみたいアプローチとかを積極的にやりなさい。それで、もし失敗しても、スコアをつけなければ、頭に血が上ることはないでしょ。そうすれば、技術は向上するし、精神衛生上もいいですよ」ということだと思います。

 そんなわけで、ルールやマナーにおいて、もっと簡単にすべきことを今から述べたいと思います。ただし、これはあくまでも初心者、スコアが「120」以上の方に対してのオススメであり、そこを履き違えないよう、お願いします。

 まず例えば、朝イチのティーショットで、打ったボールが崖に落ちてしまいました。ボールの落下点に行ってみると、OBラインの内側でギリギリセーフ。「よかった。じゃあ、そこから打って」と言う人がいます。

 ルール的には、それでいいんです。でも実際問題、ビギナーが崖の下からボールを上げるショットなんてできます?

 こういうときは、1ペナにしてあげて、フェアウェーの真ん中にボールを戻して、そこから打てばいいんです。「ありのままに打つ」のは、コンスタントにスコア「100」を切ってからで十分ですね。

 同様に、スルーザグリーン(ハザードを除いた、ティーグラウンドからグリーンまでの間)は、6インチプレースでいきましょう。これは、ローカルルールやコンペのルールでもよくあることですから、プライベートラウンドで適用するのは一向に構わないでしょう。

 6インチプレースは、手のひらを伸ばしたくらいの距離、およそ15cmですかね、その範囲内は自由にボールを動かしていいということ。そうなると、ディボットに捕まったり、ベアグランド上にあったり、あるいは木の枝に挟まったりといった状況から逃れられ、へんてこなライから打つことはなくなります。

 さらに、個人的な推奨としては、バンカー内でも"スルーザグリーン6インチプレース"を実践したほうがいいと思っています。ルール上では、靴跡にボールが埋まっていても、そのまま打ちますが、ビギナーでは到底打ち出せません。他のパーティーのマナーの悪さの尻拭いを、なんで自分らがしなければいけないのか。非常に不条理を感じますしね。

 だいたい1ホールで10以上叩く人は、スコア自体が適当です。本人は頭に血が上っていますから、冷静に数えているとは思えません。同伴プレーヤーだって、「なんで、こんな下手なやつのスコアを数えなければいけないんだ」と、憤慨していることでしょう。

 だから、叩いたビギナーのスコアは、誰もわからないのです。本人が「8です」と言って、同伴者が「そうだっけ? OBを数えていないでしょ?」と指摘して、「あっ、そうか。じゃあ、10です」と言って、10が採用される。そんな按配ですから、本当は11か、12かもしれない。真相は謎です。

 ですから、ビギナーがスコアを数えることは、無意味です。"倉本プロ・ルール"で、スコアをつけないのが一番いいでしょう。

 さすれば、ゴルフを「嫌い」と言わず、今後もやってみようという人が増えるんじゃないですか。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa