写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは12月17日、2015年第3四半期(7〜9月)の世界HCP(Hardcopy Peripheral:ハードコピーペリフェラル[プリンタ/複合機/コピー機など])市場における出荷実績を発表した。

発表によると、同四半期の市場は総出荷台数が前年同期比6.3%減の2580万台、出荷額が同5.7%減の138億ドルとなったが、ビジネス向けインクジェット製品は好調を維持し、出荷台数は前年同期比16.3%増の220万台だった。

2015年第3四半期の世界HCP市場において注目すべき動向として、ベーシック&マネージドプリントサービス用機器が、成長を続け出荷台数が38万台に達したことがあげられた。

そのほかには、米国市場が堅調な成長を維持し、総出荷台数が560万台に迫る結果に。また、45ppm(ppm:page per minute - 1分当たりのプリントページ数)以上のハイエンドカラーレーザー機器は、前年同期比15.3%増の二桁成長を達成。

京セラドキュメントソリューションズはほかの上位10ベンダーをしのぐ、前年同期比6.1%増の成長を見せ、41万5000台を出荷している。ちなみに、シェア状況は上から順に、HPが38.7%、Canonが20.5%、Epsonが15.8%、Brotherが7.3%、Samsungが4.0%となっている。

(辻)