最上位モデル「AK380」の基本設計を踏襲

写真拡大

パソコン用周辺機器などの代理店事業を手がけるアユート(東京都千代田区)は、韓国「Astell&Kern」(アステル・アンド・ケルン)ブランドのポータブルプレーヤー「AK320 128GB」を2015年12月18日に発売する。直販サイト「アキハバラe市場」での価格は24万9980円(税込)。

旭化成エレクトロニクス製デュアルDAC構成

PCM最大384kHz/32bit(ネイティブ再生192kHz/24bitまで)、DSD128(5.6MHz/1bit)、CDを超える音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源再生に対応。音質の要であるデジタル・アナログ変換回路(DAC)は、旭化成エレクトロニクス「VERITA AK4490」を左右独立して1基ずつ搭載したデュアルDAC構成。

同ブランドのデザインコンセプト「光と影」を踏襲し、美しく剛性の高いアルミボディを採用し、フロントとリア、両サイドが非対称のデザイン。タッチ対応4.0型WVGA(480×800ドット)TFTディスプレイを装備。

容量3400mAhのリチウムポリマー電池を内蔵し、FLACフォーマット44.1kHz/16bitの連続再生は約10時間。IEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0対応。

レザーケース、画面/背面保護シートなどが付属する。カラーはガンメタル。