【コンビニチキン】“ローチキ”山盛り! 大興奮の「黄金チキン」食べ尽くしレポ

写真拡大

クリスマスはコンビニへ! ローチキとケーキでお祝い

クリスマスが近づくと恋しくなるチキン。ローストチキンではなく、日本人ならフライドチキン! これにケーキとお酒があれば、クリスマスディナーの完成ですね。

肉汁ジュバッな「ローソン黄金チキン」祭りギャラリー【写真26枚】

東京カルチャーカルチャーでは、クリスマスに先駆けて、ローソンとのコラボイベントを開催。新しくなった黄金チキンとケーキを堪能し、ビールにワインも飲み放題でクリスマス気分をいっきに盛り上げます。ひと足お先にクリスマスを味わって来ました!

ローソン黄金チキン食べ尽くし! クリスマスパーティー in お台場

9月に行なわれた「ローソン からあげクン祭2015秋」に引き続き、2度目のコラボイベント。またもチケットは即完売。さすがローソン、愛されています。

サクサク サクサク チキチキン♪
サクサクサクサクサクサクサクサク♪
ジューシー!!

「サクサク新 黄金チキンのうた」がくり返し流れるの中、ローソンのキャラクター、ポンタくんがお出迎え。丸っこい顔とボディに癒されますね。会場は満席。男性が6割、女性4割で、男性参加者が少し多めでした。

肉の美味しさを引きだす極薄の衣、世界中から厳選したスパイス。

さっそく、本日の主役とも言えるお肉の登場です。「しょうゆ香るむね」と「スパイス香るもも」の2種類。本日のイベントのために600個用意されています。一人6個は食べられる計算だそうです。

キッチンからお肉が登場した瞬間、会場にはスパイシーな揚げたての肉の香りが漂います。ローソンの担当者を招き、温度、揚げ時間などもお店と同じ状態に作られたとのこと。早く食べたい!

テーブルに黄金チキンが山盛りになったトレーが置かれるやいなや、瞬く間になくなっていきます。いきなり6個をお皿にのせる強者も。

「新 黄金チキン」は、2013年10月に発売された「黄金チキン」のリニューアル商品。とにかく分厚い“肉”の食感を存分に味わえるように、製法をいちから見直したそう。開発を担当したローソンの吉田さんが登壇。黄金チキンの開発秘話を話してくれました。

新しくなった黄金チキンは、肉汁をしっかり閉じ込められるように、低温のスチームオーブンで加熱。オニオン、コリアンダー、ジンジャー、ホワイトペッパーなどのスパイスを細かく砕いてお肉にすりこみ、肉の香りも引き立つようにしているとのこと。使用しているスパイスは世界中から厳選したものだとか。

肉汁&サックサクの衣がたまらない!

いざ実食! まずは「スパイス香るもも」から。衣にブラックペッパーが入って、よりスパイシー仕立て。チキンの断面から溢れる肉汁がキラキラ輝いています。そして、まれに見る衣の薄さ。でもサックサクなのです。ビールが欲しくなる味。

衣はオリジナルの配合で、食感がサクサクになるようにしているそう。口に含むと肉のジューシーさもしっかり感じられました。肉質もやわらか〜。コクがでるように、リンゴと蜂蜜が揉み込まれているとか。「しょうゆ香るむね」は、本醸造丸大豆しょうゆを使用してショウガやニンニクも入っているそう。ご飯が欲しくなってきます。

レモン、胡椒、マヨネーズ、ケイジャンスパイスなど、オリジナルのチキンちょい足しセットも販売。ちょい足しすることで、味に変化がついてさらに食欲が増していきます!

コスパ抜群のチリワインとビール「東京BLACK」が飲み放題

チキンのお伴として、黒ビールと赤白ワインも飲み放題。

黒ビールは、ヤッホーブルーイングの「東京BLACK」。国際ビール品評会でも何度も金賞を受賞しているというビール。ローソンでは12月15日から販売になるものを、一足お先に飲むことができました。

苦味がほどよく甘みとコクのあってうまい! チキンの旨味をしっかり受けとめてくれる。チキン、ビール、チキン、ビール……。チキンとビールが永久に止まりません。100本弱用意されたというビールが、どんどん空けられていきました。

「ミチャイ」はチリのワイン。赤はブルーベリーのような香り、白はマスカットのような香りとどちらも香りが特徴的。なにより720mlで、395円というのは驚きの安さ。

クリスマスディナーのセッティングしてみました。もうクリスマスも、これでOKじゃないですか。遠くのデパ地下より、近くのローソンですよ!!

クリスマス気分を最大限に盛り上げる「本気で、おいしい」ケーキ!

もちろんそれだけでは終わりません。苺のショートケーキ、チョコレートケーキ、チーズケーキと食後には3種類のケーキが登場。女性でもチキン5、6個とみんなしっかり食べています(イベニアライター調べ)。それでも再びケーキに行列が!

デザートって別腹ですよね。ケーキは3つとも贅沢な二層仕立て。上と下でコクや口当たりが違っているのです。

例えば、ローソン社員さんも一押しのチーズケーキ。上は口溶け軽いふわふわのレアチーズ(フランス・ノルマンディ産フロマージュブラン配合)、下はベイクドチーズで、生地がギュッとつまって濃厚な口当たり。さらにその下には、サクサクのグラハムクッキー。たてにスプーンを入れ同時に食べると口の中は食感のパラダイス! お肉もデザートも香りと食感がポイントのようです。

ステージの奥には、今年のクリスマスケーキが展示されていました。苺たっぷり金粉ケーキは、なんと10,000円。特別な日にぴったりです。

チョコやフルーツタルト、リラックマケーキ(ポンタくんも早くケーキになるといいね)。などなど、どれもこれも美味しそう! クリスマス気分が一気に盛り上がりました。

あなたにピッタリのローソン商品はどれ!?

ステージでは、TVや雑誌で話題の「ディグラム診断」のディグラム・キハラさんが登場。このイベントのために作成したコンテンツで、今日の参加者の性格を診断します。

第1問 カップのアイスのふたをなめる? なめない?

会場、だいたい半々くらい。小さい頃はなめていましたね〜。

<結果はこちら>
・なめる:こだわりが強く自分をあまり出せないタイプ
「ゲンコツメンチ」食べて隠しているそのこだわりを全面に押し出せ!

・なめない:ちょっと適当な自信家タイプ
蜂蜜とりんごでコクを出した「黄金チキンスパイス香るもも」で、もっと深くて芯のある人になろう。

心理テストの結果をローソンの製品に落としこむという、ローソン仕様のオリジナルのもの。全5問のコンテンツ作成にスタッフの土日がつぶれたとか。

選択するものを変えること、行動パターンを変えることで性格も変わるとのこと。とりあえず今後は、焼き肉ではタンを頼むことにします。
(編集部注:ディグラムによると「焼肉で最初にタンを頼む女子」は合コンでモテるらしい)

続いて超マニアックな「誰も知らないローソンクイズ」が行われました。

実は学生時代ローソンでバイトしたこともある筆者、密かに自信があったのですが、1問目から敗退……。「ローソンストア100のテーマソングの歌詞の続き」など、かなりマニアック。

10問全問正解者には、ローソンの「黄金チキン寝袋」がプレゼントされました。黄金チキンに包まれて眠れるというすごい寝袋。自分がフライになった夢を見そう。

会場には新黄金チキンの顔ハメやチキンの抱き枕やぬいぐるみも置かれ、細部にまでチキン愛が感じられました。

「イベントはダイレクトでお客さまの声が聞こえてくるので、貴重な機会です」と開発の吉田さん。手に持っているチキンのぬいぐるみも抱き枕と同じ、特注の布で作られています。すべすべ、しっとりの手触りが最高。すべてスタッフの手づくりだそうです。

ディスプレイやお土産の包装などもローソン社員さんたちが用意したもの。細やかな気づかいがあちこちに感じられました。

お土産の中身はグリーンスムージー。 肉を食べたら、野菜も摂取しなくてはいけませんね! さすが「マチの健康ステーション」と納得。今年のクリスマスには、スムージーも取り入れたいと思います。

「えー? クリスマスにコンビニ商品?」とあなどるなかれ。ローソンの底力を見せつけられました。今年のクリスマスディナーは、ローソンの黄金チキン、ケーキ、ワイン&ビールに決定です。

取材/橋村望