写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Powaテクノロジーは12月16日、モバイルコマース上の広告画像認識技術を開発し、スマートフォンショッピングアプリ「PowaTag (パワタグ)」へ搭載することを発表した。

同画像認識機能は、広告のデザイン変更を必要とせず、消費者が通常の広告をスキャンし、広告の商品情報にアクセスすることで、そのまま決済・購入することができるもの。

決済を行う際のクレジットカード情報や商品配送先は、アプリの初回登録時のみで、都度入力する必要がない。広告自体が新たなモバイルコマースの機会になるほか、即時決済で商品購入が容易になるため、広告主となる企業・ブランドは販売増を期待することができる。

また、企業・ブランドはPowaTagを通して詳細な購買データからインサイトを得られる。同社によるとこれまで、消費者がどのオフライン広告に触れて購買に至ったかが不透明であったが、PowaTagで広告とショッピングが直接紐づくことで、リアルタイムで位置情報に基づく顧客の購買データを得ることができる。