イケメン上司を演じる向井理さん

写真拡大

賃貸物件管理のハウスメイトパートナーズ(東京都豊島区)は2015年12月19日からハウスメイト各店で賃貸契約をした人の中から抽選で温泉宿の宿泊招待などをプレゼントする「まごころを、もっともっと 春のキャンペーン」を実施する。

キャンペーン開始にともない、俳優の向井理さんと女優の新木優子さんが出演する新テレビCM「まごころを、もっともっと。下見篇/歩く篇」を公開する。

所作がいちいちカッコイイ向井さん、初々しさが印象的な新木さん

前回のCMでハウスメイトの社員役を務めた向井さんは、今度は上司役に挑戦。「下見篇」は向井さんと"部下"の新木さんが内装確認のため賃貸物件を訪れるという設定で、キッチンや収納の広さを確認しながら部屋の特徴をメモする新木さんに向井さんが「お部屋のことは良く知っておくこと」と営業の心得を伝える。「歩く篇」では部屋の下見を終えた2人が物件周辺の街並みを歩いて見て回る。向井さんは家族連れで賑わう公園を見ながら「この公園いいなぁ。どう住むかが大切だよね」と新木さんに伝える。アドバイスを受け取った新木さんは、店舗を訪れる客に物件周囲の情報も合わせて紹介するようになる。

台詞は少ないが、向井さんの爽やかな演技がとにかくカッコイイ。部屋を見ながらさりげなく新木さんの様子を伺う目線や、下見を終えても車に乗らずスタスタと歩いていく向井さんに戸惑う新木さんを振り返り「ちょっと歩こう」と誘う姿など、さりげない所作からイケメンさがにじみ出ているのだ。そんな向井さんを尊敬のまなざしで見つめる新木さんも、初々しさが感じられる部下役をリアルに演じきっている。大橋トリオさんがこのCMの為に作詞・作曲した書きおろしソング「愛で君はきれいになる」の優しい音色も合わさり、魅力的なショートストーリーになっている。

春のキャンペーンは16年3月31日までで、期間中に賃貸を成約した人の中から抽選で180組に温泉宿招待や、ペアお食事券などが当たる。