写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)とアクセンチュアは12月16日、誰もが手軽に、急速に拡大するインバウンド需要を狙うことができるとする新しい個人向けWebサービスである「インバウンド・サテライト(Inbound Satellite)」を発表した。

新サービスは、Wi2が2014年12月から提供を開始した訪日外国人向けの無償Wi-Fiサービスである「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のアプリを、国内で利用している訪日外国人の情報を利用するもの。Wi2のWi-Fiアクセス・ポイントから生成する匿名化した訪日外国人の位置情報データと、アクセンチュアのデータ分析基盤を組み合わせることで、訪日外国人の動態や使用言語などの情報に基づく効果的なプロモーション施策を、誰でも手軽に実現可能という。

主要都市に加えて、地方都市で外国人向け商機の拡大を目指す人も手軽に使用可能とのことで、インバウンド・ビジネスの商機を地方にも波及させ得る、地方創生にも資するサービスとしている。

両社はインバウンド・サテライトが提供するサービスの第1弾として、訪日中の外国人観光客の動態をマップ上で可視化する「インバウンド・レーダー(Inbound Radar)」の提供を12月16日から開始した。12月31日までに登録すると、2016年1月末まで無償で利用可能。

同サービスでは、自社の店舗などの周辺に「どの言語を話す外国人」が「どのくらいの人数が滞在しているのか」について、日次で更新する位置情報に基づいてマップ上に可視化するという。情報は、前月比や前日比、時間帯ごとの推移なども表示可能とのこと。また、新宿とお台場など、指定する地点間の相関関係の可視化が可能という。

両社は今後、ユーザーが任意に設定するエリア内に滞在している外国人観光客に対して、特売情報やクーポン、お勧め観光スポットなどのコンテンツをTRAVEL JAPAN Wi-Fiアプリ経由で配信し、自店舗などに誘導するサービスも、インバウンド・サテライトに組み込む予定。

(山本善之介)