今冬は餅入りアイスが話題!華もちは即買いすべし

写真拡大

暖房が効いた暖かい室内にいると食べたくなるのがアイス。最近では、クリームチーズのkiriを使用したアイスがネット上で話題になっているが、実は他にも大ヒット商品があることをご存じだろうか? それは、ハーゲンダッツが発売しているミニカップ華もち『きなこ黒みつ』と『みたらし胡桃(くるみ)』だ。

同商品は今年2月に発売されて人気を博し、一時発売休止となっていたのが、今月8日に再発売されたもの。とはいえ、復活を待ち望んでいた人が多かったせいか、すでに入手困難なレアアイスになっているようで、SNS上では売り切れを嘆く声も見受けられるほど。

『きなこ黒みつ』は、黒蜜ソースときな粉、もち、きな粉を混ぜ合わせたアイスクリームの組み合わせとなっており、きな粉の香ばしい香りを楽しむことができる。『みたらし胡桃』は、くるみとみたらしソース、ミルクアイスクリーム、もちの組み合わせで、味はもちろんだが、くるみやもちの異なる食感も楽しめるひと品に仕上がっている。

また、同商品はそのまま食べてもおいしいのだが、SNS上では電子レンジで30秒〜1分ほど加熱し、溶かして食べる方法が話題に。凍っているものとは、また違った味わいになるようなので気になる人は試してみるといいかもしれない。

●華もちだけじゃない、餅入りアイス!

華もちが話題を集めているなか、実は他社も餅入りアイスを発売している。例えば、あずきバーで有名な井村屋では『やわもちアイス』を『つぶあんミルク』や『抹茶つぶあん』、『京きなこつぶあん』、『栗あん』の全4種類で発売中。白玉タイプのもちが食べやすいと好評のようだ。また、コンビニで購入することはできないが、桔梗屋の『桔梗信玄餅アイス』も忘れてはならない。信玄餅とアイスのコラボは、スイーツ好きにはたまらないだろう。オンラインショップで購入可能なので、食べてみたい人はネットから注文しよう。

もちやきな粉、黒みつなど、和風テイストなアイスもなかなかおいしい。まだ食べたことがない人は、試しに購入してみてはいかが?

(文・奈古善晴/考務店)